プロフィール

 みっち 

Author: みっち 
とっても小さく生まれ、重症心身障害を持つ次女・ふたばと過ごす日々を綴ります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
障害児育児ブログ ランキング

集合!経管栄養グッズ2

経管栄養グッズ紹介の続きです。

ふたばの栄養カテーテル(鼻チューブ)は月2回交換しています。
1回は、かかりつけ病院の定期受診時に、主治医に入れてもらいます。
もう1回は、訪問看護の日に、看護師さんに介助してもらいながら、
私が交換します。

まずは、すでに入っている栄養カテーテルを抜き、
汚れをチェックします。
(胃の出血があったりすると、
カテーテルの先が黒っぽくなったりしていることがあります)

栄養カテーテルは、鼻の右と左、交代で入れます。

マニュアル的には、座った姿勢が一番、栄養カテーテルを入れやすいそうです。
でもふたばは座った姿勢では入りません

次の1~3の方法で入れていますが、
どれで入るかは、その時のふたばの気分次第(笑)。

ひとみが赤ちゃんの時から一緒に寝ている相棒、
「かえるくん」に友情出演してもらいます。

1. 仰向けで入れる。この時、首の下に巻いたタオルを入れる(気道確保の姿勢)。
入れ方1

2. 横向き(側臥位)で入れる。入れるほうの鼻を上にする。
入れ方2

3. 横向き(側臥位)で入れる。入れるほうの鼻を下にする。
(写真は省略)

ちゃんと胃に入ったかどうか、気管に入って(誤嚥して)いないかを、
シリンジで空気を入れてみて、聴診器で音を聞いて確認します。

胃に入っていれば「ポン」という音がします。
入っていなければ、胃とは別のところから「ブシュッ」という曇った音がします。
(音の表現には個人差が大きいので、あくまで参考程度です)

シリンジを引いてみて、未消化の栄養物が引けるかで判断することもあります。

正しく胃に入ったら、いよいよ、ほっぺたに栄養カテーテルを固定します。

栄養カテーテルが抜けてしまわないように、しっかり固定しています。


固定のためのグッズはこちらです。
テープ類


「防水フィルム」(ニチバンの、ロールタイプのもの)
透明で、あまり目立たないところが気に入っています。
楕円形と、長方形に切ります。

・楕円形:
ほっぺたに栄養カテーテルを直接とめるためのもの。
角があると肌に刺さることがあるので、角をなくして楕円形にしています。

・長方形:
「サージカルテープ」を固定させるために使うもの。

栄養カテーテルが鼻のところで浮いてくるので、
細く切った「サージカルテープ」を、
栄養カテーテルに巻いてから鼻に貼るのですが、
それをさらに防水フィルムで固定させています。

防水フィルムという名前の通り、水には強いのですが、
ワセリンなどの軟膏がつくと、フィルムの粘着力が落ちるので、気をつけています。

テープ類は、病院からの支給はないので自己負担なのですが
防水フィルムはドラッグストアなどで1つ500円前後で購入でき
2~3ヶ月使えます。


「粘着包帯」(ニチバンの、メッシュタイプのもの)
防水フィルムと二重にして、カテーテルを固定するために貼ります。
少しでも可愛く見えるように、油性ペンと色鉛筆で絵を描いて切っています。

まず、イラスト付き粘着包帯で栄養カテーテルをとめて、
その上から楕円形の防水フィルムを貼ります。

粘着包帯も、ドラッグストアなどで500円くらい。
半年以上使えます。



…文章で書くと、と~っても、わかりづらいですねぇ(泣)。

寝ているふたばの写真に落書きして図解してみると、こんな感じです。
貼ったところ


あれ?あまりわかりやすくないですね…ごめんなさい(^^;



栄養カテーテルが当たる部分(ほっぺた)がかぶれたり荒れたりしてしまうので、
テープを貼り替えるたびに少しずつカテーテルの場所をずらしています。
テープ貼り替えは、だいたい2~3日に1回のペースです。

ほっぺたが荒れた時には、「アズノール」という、非ステロイド軟膏を塗っています。


以上、経管栄養グッズの紹介でした。


最後に…
ふたばは、今のところまだ、胃ろうにする予定はありません。

鼻のチューブがなくなればすっきりするやろなぁ、とか、
ミキサーにかけた食事をふたばにもあげたいなぁ、とか考えるんですが…

主治医の先生いわく、
経管栄養で特にトラブルがないことと、
まだ体が小さいので、手術はなるべく先に延ばした方が良いとのことでした。

ミルク・ラコールが逆流することで誤嚥性肺炎がたびたび起こるようなら、
胃ろうをした方が安全だそうなのですが。
今のところそういうこともないです。

胃ろうについては、のんびり考えていきたいと思います。



↓ランキングに参加しています。ふたばマークをクリックして応援していただけると嬉しいです☆
 コメントもとっても励みになっています(^^)

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

Secret

こんばんは☆

とても詳しく書かれてますね~(о´∀`о)

咲太も2カ月くらい経管栄養だったので、鼻から入れる練習したな~とか抜けて焦ったことあったな~とか思い出しました!

色んなリスクがないならあんまり無理させたくありませんもんね☆
大きくなるにつれて、いい方向に向けばいいですね!

ちゃぱるさんへ

ちゃぱるさん、こんばんは☆コメントありがとうございます。

咲太くんも2カ月くらい経管栄養だったんですね!
鼻から入れたり、抜けて焦ったり…ハラハラしたでしょうね(^^;
私も、在宅半年くらいを過ぎてから、ようやく慣れてきたかな、ぐらいのレベルです(笑)。

そうなんです、リスクとメリット、いろいろ天秤にかけつつ考えていきたいと思います。
成長とともに、良い変化もありますもんね。
いつも、ありがとうございます(^^)