FC2ブログ

プロフィール

 みっち 

Author: みっち 

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
障害児育児ブログ ランキング

『オランダへようこそ』

昨年の秋冬に放送されていたドラマ『コウノドリ』。
毎回、配信で観ていました。
本当に素敵なドラマでした(キャストも最高特に…四宮先生)。

ドラマの最終話で、こんな詩が使われていました。

1987年にアメリカのダウン症児のお母さん、 エミリー・パール・キングスレーさんが書いた詩。

***********

「オランダへようこそ」

私はよく、『障がいのある子を育てるのってどんな感じ?』と、聞かれることがあります。
そんな時私は、障がい児を育てるというユニークな経験をしたことがない人でも、
それがどんな感じかわかるようにこんな話をします。


赤ちゃんの誕生を待つまでの間は、まるで、素敵な旅行の計画を立てるみたい。
例えば、旅先はイタリア。
山ほどガイドブックを買いこみ、楽しい計画を立てる。
コロシアム、ミケランジェロのダビデ像、ベニスのゴンドラ。
簡単なイタリア語も覚えるかもしれない。
とてもワクワクします。

そして何ヶ月も待ち望んだその日がついにやってきます。
荷物を詰め込んで、いよいよ出発。

数時間後、あなたを乗せた飛行機が着陸。
そして、客室乗務員がやってきて、こう言うのです。
『オランダへようこそ!』
『オランダ!?オランダってどういうこと?? 私は、イタリア行きの手続きをし、イタリアにいるはずなのに。
ずっと、イタリアに行くことが夢だったのに』

でも、飛行計画は変更になり、飛行機はオランダに着陸したのです。
あなたは、ここにいなくてはなりません。

ここで大切なことは、飢えや病気だらけの、こわくてよごれた嫌な場所に連れてこられたわけではないということ。
ただ、ちょっと『違う場所』だっただけ。

だから、あなたは新しいガイドブックを買いに行かなくちゃ。
それから、今まで知らなかった新しいことばを覚えないとね。
そうすればきっと、これまで会ったことのない人たちとの新しい出会いがあるはず。
ただ、ちょっと『違う場所』だっただけ。

イタリアよりもゆったりとした時間が流れ、イタリアのような華やかさはないかもしれない。
でも、しばらくそこにいて、呼吸をととのえて、まわりを見渡してみると、
オランダには風車があり、チューリップが咲き、レンブラントの絵画だってあることに気付くはず。
でも、まわりの人たちは、イタリアに行ったり来たりしています。
そして、そこで過ごす時間がどれだけ素晴らしいかを自慢するかもしれないのです。

きっと、あなたはこの先ずっと『私も、イタリアへ行くはずだった。そのつもりだったのに。』というのでしょう。
心の痛みは決して、決して、消えることはありません。
だって、失った夢はあまりにも大きすぎるから。
でも、イタリアに行けなかったことをいつまでも嘆いていたら、
オランダならではの素晴らしさ、オランダにこそある愛しいものを、心から楽しむことはないでしょう。

**********


私は、何年か前に、この詩を読んだことがありました。
そのときはサラッと読んだ覚えがあったんだけど、
ドラマの中でいろんな赤ちゃんやいろんなシーンと重ねて読まれていて、
涙が止まりませんでした


我が子に障害があることが分かった時、傷つかない親はいないと思う。
傷ついて、悲しんで、こんなはずじゃなかったって行き場のない思いになって。

ふたばが生まれてしばらくは、それまで立てていたライフプランも、日常も、
何もかも変更しないといけなくなって、不安ばかりだった。
この子を守っていけるのか。私自身が壊れてしまわないだろうか。
いっそリセットできたらいいのに、と何度思っただろう。


ふたばが生まれて半年の頃、
同じように障害がある子を育てるご両親何人かに、私と夫で会いに行ったことがあります。
そのときこんな会話を夫としました。

私「なんでみんな、大変な子育てなのに、あんな明るいんかな?」
夫「そりゃあ、明るくしないと毎日やっていけないからちゃうか?」

ずっとそう思っていたけど、
ある日ふと、きっとそういうのではないな、と気がつきました。
明るく装っているのではないんだな、って。

価値観が根底から変わったというか、
障害を抱える我が子が可愛くて、頑張ってる姿がいとおしく、
この子がいてくれるから私は頑張れるなーとよく思う。


詩の中にもあるように、心の痛みは消えることはないでしょう。
だからこうやって、時折、涙が出るんだろうと思います。
でも立ち止まったままではなく、確実に、前を向いて歩いてきました。
価値観の変化は、痛みを伴うものだったけれど、変わることができて良かった、と今は思える。


今はふたばのいる毎日が楽しいし、ふたばのいなかった時間に戻りたいとは思わない。
たくさんの出逢いと、ふたばの頑張りが、私を支えてくれている

オランダに来られて良かったなぁ
心から、そう思います。


 「障がい児育児」ブログのランキングに参加しています。
 ふたばマークをクリックして応援していただけると更新の励みになります。
 コメントもとっても嬉しいです(^^)
 ↓現在のランキングや、頑張る仲間たちのブログも集まっています。
 

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

きりんさんへ

きりんさん、こんにちは☆
コメントありがとうございます。
こちらからの返信が公開されてしまってごめんなさい。
絆を強めるっていうのはすごくよく分かります。
いろんなことがあって乗り越えてきたからこそ得られるものっていうのは、ありますよね!
本当にこれからもお互い楽しみましょう♪♪