プロフィール

 みっち 

Author: みっち 
とっても小さく生まれ、重症心身障害を持つ次女・ふたばと過ごす日々を綴ります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
障害児育児ブログ ランキング

保育園の一泊保育

今月初めに、保育園の一泊保育がありました。
ふたばは部分的に参加しました。

1日目、クラスのみんなは遠足に行って水遊び。
ふたばはまだ術後3週間で、水遊びが不安だったのと、リハビリが3コマ入っていたので、
みんなが遠足から園に帰ってきた頃に合流しました。
園では胃ろうからの注入が初めてだったこともあり、私も一緒に過ごさせてもらいました。

みんなの夕食時間に合流して、ふたばも注入をしました。

夕食が終わったらみんな園庭に出て、キャンプファイヤー。
歌を歌ったり出し物があったり。
花火

そして花火!
花火
ナイアガラ的な花火ではみんなの歓声と拍手に泣き、大きな花火の音にびっくりして泣き…(笑)。

陽がすっかり落ちた頃、肝だめしスタート。
怖がっている子もたくさんいましたが、ふたばは全然平気
肝だめし前

お風呂に入る前に、絵本を読む時間があり、ふたばは椅子に座って絵本のシール貼り。
仲良しの友達が見守ってくれています。
絵本

お風呂から上がって、ふたばが普段過ごしているプレイマットに、お友達が来てくれて遊んでいました。
みんなお風呂上がりで女子会パジャマパーティーみたい。
パジャマ

ふたばの好きな玩具を持ち寄ってくれていました。
友達の足の間に入って遊んでる姿がなんとも面白かったです。
家ではなかなか見られない、楽しそうな表情をしていました。

みんなが眠る時間まで一緒に過ごさせてもらい、夜はいったん家に帰りました。



そして翌朝、また合流して、記念写真を撮ったり、一泊保育の思い出をみんなで話したりしました。

実はこの日、お迎えに来た保護者の方々に、ふたばについてお話しする時間をもらっていました。

保育園のクラス懇談があるのは秋ごろだと聞いていたのですが、
私としてはなるべく早い時期に、保護者の方々にふたばのことを知ってもらいたくて、
担任の先生に相談してこの日を設定してもらったのでした。

保護者の方々にこういう話をさせてもらいました。

「ふたばは出産時のトラブルで後遺症があり、
スムーズに呼吸をしたり、食事を飲み込んだり、体を自由に動かしたり、
立ったり歩いたり、お話をしたり、ということが障害されています。
診断名は脳性麻痺です。
これまでリハビリや療育を受けて過ごしてきましたが、
1年前、集団生活をさせたいと思い立ち、縁あってこちらの園にお世話になることにしました。

4月から通い始めて約3ヶ月経ちましたが、
これまで人に興味を持つことが少なかったふたばが、人が大好きになり、
先生やお友達のことをすごくよく見ています。思いもしなかった変化でびっくりしています。

みんな優しく接してくれて、毎日いろいろなものをもらってばかりです。

昨日からの一泊保育に一緒に参加させてもらい、
家では見せないような表情が見られたり、嬉しい時間を過ごさせてもらいました。

体が不自由で、コミュニケーションも難しいので、
皆さんには迷惑をかけることや手を貸してもらうことがたくさんあるかと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。」


私の話が終わると、園長先生が、お話をしてくださいました。

「子どもたちは、自分と違うものに対し、とても寛容です。
大人よりもずっと、すぐに受け入れることができます。
クラスに、お世話が必要な子がいると、
そのクラスの子どもたちは、優しさや慈しみの心が育ちます。
ふたばちゃんとクラスのみんなは、お互いにいい影響を与え合っています。」 
…と。
ジーンときました

話の後、何人ものママさんが話にきてくれて、
お友達も帰るときに挨拶に来てくれて、
話して良かったな~と思いました。

一泊保育、親元を離れて一晩過ごすのが初めてだった子も多かったみたい。
みんな頑張ったね



 「障がい児育児」ブログのランキングに参加しています。
 ふたばマークをクリックして応援していただけると更新の励みになります。
 コメントもとっても嬉しいです(^^)
 ↓現在のランキングや、頑張る仲間たちのブログも集まっています。
 

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

Secret