プロフィール

 みっち 

Author: みっち 
とっても小さく生まれ、重症心身障害を持つ次女・ふたばと過ごす日々を綴ります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
障害児育児ブログ ランキング

手術、終わりました

ふたばの胃ろう&噴門形成の手術、無事に終わりました!

術後


*   *   *

検査と、お腹の空気や内容物を完全に抜く処置のため、
手術の2日前から入院。

NGチューブに加え、EDチューブ(胃~小腸まで通したチューブ)を挿入し、
胃と腸を空っぽにして手術の準備をしました。
水分は点滴で摂ります。
もちろんモニターもつけるので、チューブだらけになりました。
からまったりしないように、ガッチリ拘束してもらっていました、
本人には苦痛だけど、安全が第一ですね

*   *   *

手術前日、手術説明、特にリスクなどを医師から聞き、
なんとも言えない苦しい気持ちになってしまいました。
今回の手術がふたばにとってとても良い選択かどうかはわからなくなったからです。

医師からの見解は…

逆流を防ぐには噴門形成した方が良い。
胃食道逆流症を放置すると、誤嚥性肺炎のリスクが高まる他、
長期になると食道の癌にもつながる恐れがある。

ただ、ふたばの場合、呑気症(大量の空気を飲み込んでしまう)がかなりひどく
噴門形成することで、空気を出す出口を1つ塞いでしまうことになるので
余計お腹が張り、最悪の場合腹膜炎になったりする可能性もある。
そのため、3月の検査の検査結果から、
噴門形成の締め具合は、げっぷが出せないほどしっかり締めるつもりでいたが、
空気を出せるくらいの余裕を作っておいた方が良さそうなので、
少しだけ緩めに巻くことにした。
その分再発の可能性も高くなるので、定期的な診察で経過を見ていく必要がある。


・・・手術前日、頭の中が少しこんがらがりました。
この決断がふたばの体調、人生を左右するのかと思うと、
本当にこれでいいのかと…。

*   *   *

手術当日、11時過ぎに手術が始まりました。
麻酔が効いて眠るまで、ふたばのそばにいさせてもらいました。
ふたばは、大好きなエルモちゃん(セサミストリート)のキーホルダーを、
麻酔が効いてくるまでずっと握りしめていました。

手術室では、手術に携わってくれる先生方(小児外科医3人と、耳鼻科医1人)と少しお話もしました。
(全身麻酔ついでに、鼓膜チューブを再挿入する手術もあったんです)
手術のためにかぶる帽子を自分で脱いでしまったり、
エルモちゃんを振り回したりしているふたばを囲んでみんなで笑って、
和やかな雰囲気でした。

それなのに、手術室にわが子を送りだすとき、いつも悲しい気持ちになってしまうのはなぜだろう。

*   *   *

5~6時間の予定と聞かされていましたが、終わったのは18時過ぎ。
7時間もの手術でした。
術後はICU(集中治療室)に入りました。

面会前、手術してくれた医師が手術の説明をしてくださり
「頑張ったお顔してますよ」と言ってくれました

噴門形成術は時間がかかるようで、
さらにふたばはひどい逆流症の影響で食道に炎症があったため、
そこを処置するのに少し時間がかかったみたいです。
出血はさほど多くなかったので輸血は不要だったとのことでした。


*   *   *

麻酔が切れ始める頃にはゴロンゴロン動き回って、
またもやガッチリ拘束されていたふたばでした(笑)。
さらにチューブだらけで痛々しい姿だったけど、
私の手を握る力はいつも通りでした

術後2


付き添ってくれていた夫は、手術日の夜から出張でした。
ギリギリまで病院にいてくれ、
手術終わって医師からの説明を聞いてすぐに職場に戻って一仕事して、
いったん家に帰って出張準備して、なんとか新幹線終電に乗れたそう
本当におつかれさまでした!


*   *   *

ふたばが生まれてから、ふたばにとって何が幸せかなぁっていつも考えています。
今回の手術で、ふたばが今よりも快適に元気に過ごせるようになればいいなと思います。

いろんな可能性があるけれど、どれもやってみないとわからないことばかり。
そのときそのときにできることを、やっていこう。

ふたばにとって何が幸せか。
今回の決断はふたばを幸せにできるのか。
いつも答えは出ないけど、でもいつもいつも考えています。


*   *   *

術後の経過については、また次回アップします。


偶然にもふたばと1日違いで胃ろうの手術を終えた、お友達の咲太くん。
本当によく頑張りました!!
同じ時期で運命的だったわ(*´v`)
お互い早く退院できますように


 「障がい児育児」ブログのランキングに参加しています。
 ふたばマークをクリックして応援していただけると更新の励みになります。
 コメントもとっても嬉しいです(^^)
 ↓現在のランキングや、頑張る仲間たちのブログも集まっています。
 

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

Secret