プロフィール

 みっち 

Author: みっち 
とっても小さく生まれ、重症心身障害を持つ次女・ふたばと過ごす日々を綴ります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
障害児育児ブログ ランキング

2台目障害児バギー作り(手順・試乗)

ふたばの通っている保育園は、自宅から徒歩約30分の距離にあります。
電車+徒歩でも20分以上はかかってしまいます。

子ども乗せ自転車なら13分くらいで通えるので、
自転車登園に切り替えていくつもりです。

ふたばを乗せたバギーは、そのまま園での活動で使ってもらうため置いて帰っていますが、
自転車登園になると、保育園にバギーを置いておけないといけないので
もう1台、園用のバギーが必要になります。

今年度は園用として、そして来年小学校に入学したら学校用として
使えるバギーを作ることにしました。



バギーを作るのは2台目。
3年前に作って以来なので、いろいろ忘れているため、おさらいを

◇バギーを製作する手順◇

1.役所の福祉窓口へ申請
  (窓口に、バギーを作りたいことを相談し、「補装具費支給意見書」という書類をもらう)
   ※書類の名称は地域によって異なるかもしれません。
   ※業者さんが書類を用意してくれる場合もあります。

2.処方判定(装具診)
  (バギーの機種を決めて医師に伝え、了承をいただく。意見書を書いてもらう)

3.書類の提出
  (医師の意見書、バギーの機種や必要なオプション品などを書いた見積書など、 
   必要な書類を揃えて役所の福祉窓口に提出)

4.補装具費支給決定
  (いくら補助が出るかという給付決定がされ、給付券が送られてくる)

5.製作

6.仮合わせ(装具診)

7.適合判定・納品(装具診)

8.支払い
  (バギー製作費から、補助分を差し引いた金額を業者さんに支払う)


…何やら複雑ですが…
とにかく、意見書を出して、役所から給付決定(「あなたの場合○○円補助が出ますよ~
バギーを作ってOKですよ~」という許可)が下りてから、
バギーを作る、という流れです。



では一体、いくら費用がかかるのか、というと、
自己負担額は、
「バギー製作費の1割」
が基本です。

バギーが20万円なら、その1割の2万円が、自己負担額です。

ただし、たとえばバギーを作るのに60万かかったからといって
その1割の6万円が自己負担額になるかというとそうではなく
「自己負担の上限額」というものが決まっています。
上限額は所得によって決まります。
我が家の上限額は37,200円なので、
どれだけ高くなってもこの37,200円以上の自己負担額は発生しません。

これは1ヶ月の上限額なので、
バギーや座位保持装置、装具…をまとめて作る場合は
同じ月にまとめて作ると、自己負担額が少なくて済みます。
(それぞれを別の月に作ると、それぞれの月に自己負担額がかかってしまいます)

ただし、バギーの機種や、オプション品によっては、
補助が下りないものがあるので、それらに関しては実費が必要です。
海外製のバギーや、デザインのためのオプション
(バギーのシートカラーを特注にするなど)は実費になることが多いです。

(金額や制度については、地域によって、
また世帯の所得によって、違いがあると思います。
このあたりはしっかりと、業者さんに確認しながら話を進めるのがいいと思います)



3年前に作って、今も使っているのが「RV Pocket Ⅱ」というバギー。
実はそれを作るとき、とても気に入っていたバギーが他にあったのですが
ふたばの身長に対してサイズが大きすぎて合わず、諦めたんです。

その写真がこちら。
ふたばが2歳になったばかりの頃、試乗した「BUDDY LiteⅡ(バディー ライト ツー)」。

2歳の頃

見ての通り、ブッカブカ。
一目ぼれしたデザインだったけど、
これだとパッドやら足台やらをいっぱい敷き詰めないと、
いい姿勢で乗ることができないということで諦めたのでした。

適応身長は85~110cmと書いてありました。
この頃のふたばの身長は80cmでした。


あれから3年。
ふたばの身長は89cmになり、試乗させてもらうと、サイズはギリギリいけそうな感じ!
(まだブカブカ気味だけど(笑))

バディライトⅡ

試乗車を、通園施設から自宅に持ち帰らせてもらい、
普段の生活通りに、ガタガタ道を歩いてみたり、バスや電車に乗ってみたりしましたが
ふたばの姿勢もいい感じで保てていたし、リラックスして眠ることもできていました。
押し心地や操作性も◎でした。

というわけで、2台目バギーは、BUDDY LiteⅡに決定


このBUDDY LiteⅡ、通園施設で大人気で、
新しくバギーを作る子はみんなこれにしているんじゃないかというほどの人気っぷり。
なので、パッと見てふたばのバギーだとわかるためにも、
シートの配色を標準カラーとは違うものにしました。
このトリコロールも可愛いんだけどね

ちなみにオプション品として
・体幹パッド
・骨盤パッド
・胸ベルト
・腰ベルト
・股ベルト
・下腿ベルト
・テーブル
・吸引器搭載台
・日よけ
をつけてもらうことにしました。


まだまだ先ですが、出来上がりが楽しみです。



 「障がい児育児」ブログのランキングに参加しています。
 ふたばマークをクリックして応援していただけると更新の励みになります。
 コメントもとっても嬉しいです(^^)
 ↓現在のランキングや、頑張る仲間たちのブログも集まっています。
 

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

Secret

はじめまして!
他県ですが、学校用に作るのは車イスではないのですか?
ふたばちゃんは医ケアがあるのでスクールバスには乗れないからバギーで良いのかな?

BUDDYいいですよね♪
背もたれの部分がしっかりしていて、オススメです(*`・ω・)ゞ

2台目障害児バギー作り(手順・試乗)

良かったね

コメントくださった方へ

はじめまして。コメントありがとうございます。

そうなんです、支援学校に就学した場合、
期間切開しているためスクールバスには乗れないので、車イスの必要性がないんです。

ちなみに車イスも試乗してみたのですが、
ふたばの体が小さすぎてなかなか合うものがなく、
また、ティルト機能やリクライニング機能
(今後オムツを替えるときなどにあれば便利)がついている車イスとなると
全体的なサイズがとっても大きくなってしまうので、それも不便だなぁと思ったのでした。

なので、今使っている1台目のバギーの次は車イスを検討してもいいかも、と
リハビリの先生と話していたところです。

BUDDYいいですか?
背もたれの部分がしっかりしているとのこと、
出来上がりが楽しみです(^^)

ちー姉さんへ

ちー姉さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

はい、出来上がりが楽しみです!