プロフィール

 みっち 

Author: みっち 
とっても小さく生まれ、重症心身障害を持つ次女・ふたばと過ごす日々を綴ります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
障害児育児ブログ ランキング

ふたばが生まれるまで3(ふたばの頑張り)

入院後、破水は進み、日に日に赤ちゃんを包んでいる袋は縮んでいきました。
点滴の副作用が辛く、寝たきりでシャワーにも入れないことへのストレスも大きく、
少しへこたれそうになっていた矢先、驚くような事が起こったのです。

入院して12日目の診察で、なんと赤ちゃんを包む袋の大きさが元に戻ってきていること、羊水が増えていること、がわかったのです

「赤ちゃんがおしっこをして、自分で羊水を増やしてくれているようですね」と医師。
医師は、元気に動いている膀胱も見せてくれました。

驚きました。へこたれている場合じゃなかった
ふたばは生きたいんだ、と確信しました。頑張って、自分の力で生きたいんだ。
きっとふたばが、自分で生まれるべき時を選んで、生まれてくる
私はそれを守っていくしかない。

そのことが心の支えになり、入院から4週間、なんとか27週まで、ふたばはお腹の中で育ってくれました。




突然の入院で、夫とお義母さんには頼りきりでした。遠方に住む実母にも、数日間助けてもらいました。
一番頑張ったのは、ひとみです。
一番淋しい思いをしているのに、涙も見せることなく過ごしていたそうです。
朝早くに出勤する夫と共に起き、保育園で日中を過ごし、夜遅くに寝ていました。
病院に面会に来た時も、ニコニコ笑って私の手を握っていました。

きっとひとみはひとみなりに、「お姉ちゃん」になる準備をしていたのだろうと思います。

お腹の中のふたばと、まだ2歳のひとみ。ちいさな2人の頑張りに、私は支えられていました。



それから、家族や友人にも本当にたくさん支えられたのですが、
特に心に残っているのが、大学時代の友人の言葉です。
「妊娠中に大変な思いをしたお母さんは、赤ちゃんの代わりに、
その子が背負ってくる苦しみを引き受けているという話を聞いたことがある。
みっちさん、泣いてもいいんだよ。人相が変わるくらい」
この言葉に、どれほど励まされたことか。今でも、心の支えになっています。


(「ふたばが生まれた日」に続きます)

応援していただけると嬉しいです!
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

Secret