プロフィール

 みっち 

Author: みっち 
とっても小さく生まれ、重症心身障害を持つ次女・ふたばと過ごす日々を綴ります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
障害児育児ブログ ランキング

ふたばの座位保持椅子作り 2(重要視したことは・・・)

前回「ふたばの座位保持椅子作り 1(「バンビーナ」と「J Fit」)」の記事で、
作るのは「J Fit(ジェイフィット)」という椅子にほぼ決まりかけていたことを書きました。
それが10月半ば頃のことでした。

その後、ふたばの反抗期がものすご~~く強くなり・・・
(今も絶賛継続中なのですが…)

とにかく、椅子に座りたがらない。
バギーにも乗りたがらない。
怒って泣いて、体を反らして、床に降りて立ったまま動かない。
歩きたいのかと思い歩行器(ポニー)に乗せても、
嫌がって乗らない。

吸引も注入も歯磨きも着替えも、反抗・反抗・反抗!

療育やリハビリの先生方も、皆さん口を揃えて
「お母さん、大変やな~~!!」
と言ってくれます( ^ ^ ;

そんな状態で、J Fitの試乗をさせると、

抵抗

「座るもんか~~~!」とでも言うように怒っています( ^ ^ ;


J Fitの基本色は茶色で、オプションで他の色も選ぶことができるそうなのですが
茶色のシートのみが通気性などに優れているとのことで、
ほとんどの方が基本色の茶色を選ばれるそうです。

もともと、色の好みがはっきりしていて、茶色が好きでないふたば。
過去にも、茶色の歩行器を拒否したこともありました。
リハビリの先生もそのことを知ってくださっていて
整形外科の先生に、ふたばのこの拒否の様子を伝えてくださり見てもらうと
「…とにかく、ふたばちゃんの座りたい椅子を作ってあげて~!」
とおっしゃって( ^ ^ ;)

ふたばが使う座位保持椅子必要なのは、
ベルトはがっちり締めるものよりも、本人の動きを妨げないようなゆとりのあるもの。
集団生活の中で安全を保てるもの。
そして何よりふたば本人が納得して座ることができるもの。
と言ってくださいました。

意外にも、ふたばの色の好みが最重視されたような…( ^ ^ ;)

言葉を発しないふたばなのに、色の好みで選ぶなんてワガママかな…と私は思っていましたが、
リハビリの先生や整形外科の先生は、それが一番大事!!とおっしゃっていました。

ふたばの気持ちを尊重してもらえて、嬉しかったです。

というわけで、J Fitは却下。


そんな好みのはっきりしているふたばが、納得して座ることができたのが、
オーダーメイドの椅子だったんです。

過去にオーダーメイドで作った方が使わなくなって寄附された椅子が、
リハビリ室に置いてあり、気になっていて。
一度座ってみたいな~と申し出たのでした。

オーダーメイド
肘かけにちゃんと肘を置いて座っています(笑)。
この試乗は10月頃。

オーダーメイドには

これが11月末に試乗した時。
他の方が作ったものなので、足が全く届いていませんが(笑)。
いい感じに座っています。

一番シンプルでいいなぁ!!と、私もすっかり惚れてしまいました。

義肢会社さんが、
「この先、学校で使うことを考えると、バンビーナやJ Fitなどの木製フレームよりも
金属のフレームの方がいいかもしれませんね」
と言ってくれた一言で、決まりました。
よーし、オーダーメイドの椅子にしよう!と( ^ ^ )

座位保持椅子の耐用年数は3年。
1度に2つまで作ることができるのですが、
例えば今回、園用に1つ作って、自宅用にもう1つ、座位保持椅子を作った場合、
来年学校用にさらに1つ…というのができなくなるんですよね。

だから、今回園用に作る椅子を
今後、学校で使うか、自宅で使うか、しないといけないことになるのです。

どちらかというと、園で使った椅子をそのまま学校で使いたいな~と思うのです。

だから、学校でも使うことができる椅子っていうのはとっても魅力的!

オーダーなので、ベルトやキャスターも最初からつけることができるし、
保育園で指定のあった高さや幅に合わせることもできます。
付属のテーブルの大きさや、端の形も選べるし。

工具なしで高さ調整できるというのも決め手になったポイントです。


早速、高さや幅を採寸してもらいました。

オーダーメイド採寸


バンビーナと並べてみても、同じようなサイズ感。コンパクトです。
ふたば、反抗に疲れたのか寝てしまいましたが…
バンビーナとオーダーメイド

寝ていても、いい感じに姿勢が保たれていました。


気になる価格ですが、
オーダーメイド=高価、というわけでもないようで、
公費の補助内で充分購入できるとのことでした。


座位保持椅子、正確には「座位保持装置」と呼ばれます。
座位保持装置は「補装具」の対象となっていて、
補装具の製作には身体障害者手帳が必要です。

(参考までに、入浴用の椅子や、吸引器などは「日常生活用具」の対象です)

座位保持装置を作る手順は、次の通りです。

1.座位保持装置を選ぶ

2.医師に意見書を書いてもらう

3.書類を役所に提出する
 (意見書の他、業者さんに作ってもらう見積書と、
 役所の窓口で書く申請書などが必要。
 身体障害者手帳も持って行きます。
 今はマイナンバーの通知カードも要りました)

4・支給券が発行されるので、業者さんに提出する

5.座位保持装置の製作・納品待ち


今の時点で、3までは終了。

今回、オーダーメイドなので、製作に時間がかかるようです。
それでも、スムーズにいけば、来年の4月には余裕で間に合うとのことです。


一番心配なこと…
それは、作った座位保持椅子に、ふたばが座ってくれるかどうか(笑)。



 「障がい児育児」ブログのランキングに参加しています。
 ふたばマークをクリックして応援していただけると更新の励みになります。
 コメントもとっても嬉しいです(^^)
 ↓現在のランキングや、頑張る仲間たちのブログも集まっています。
 

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

Secret