プロフィール

 みっち 

Author: みっち 
とっても小さく生まれ、重症心身障害を持つ次女・ふたばと過ごす日々を綴ります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
障害児育児ブログ ランキング

保育園との話し合い

10月半ば、来年度の保育園一斉入所の申し込み手続きを終えました。
保育園入園申し込みは役所を通して手続きをし、
役所の担当の方と面談をすることになっています。
11月に入ってすぐに面談がありました。
担当の方はすごく熱心な方で、
1時間以上かけて、ふたばについてのことを聞き取ってくださり
入園するにあたっての注意点や要望などを1つ1つ確認してくださいました。

役所の方としか話す機会がないため、
保育園にももうちょっとふたばのことを知ってほしいな…という思いが強くなった私。

保育園の園庭開放に行くだけでは足りないので、
いろいろ考えて、
「もし入園できた時のために、座位保持椅子などを作りたい。
そのことを園と相談したい」
と保育園に申し出たところ、園長先生が対応してくださり
「それは是非いらしてください」
と言っていただきました。

そういうわけで11月半ば、保育園との話し合いの場を設けてもらいました。

集まってくださったのは、園長先生、保育主任の先生、看護師さん、現在の年長クラスの担当の先生。

座位保持椅子はどのようなものにしたらいいか、という相談については
こちらから、座位保持椅子のパンフレットを持って行き、
リハビリの先生からのアドバイスを話しました。

保育園側からは、年長クラスが使っている机や椅子を持ってきて採寸してくださり、
「みんなで同じ机を共有して活動をして欲しいから」と、
座面の高さや幅など、とても具体的に、指示してもらいました。

「お友達と一緒に行動するために、キャスターは是非ついていた方がいい」
「お昼寝してしまったら、椅子から降りて、寝転べるスペースを作りるので、
リクライニング機能は必要ないかな」
「園内にエレベーターがあるので、重さは特に考えなくてもいいですよ」
など、たくさんの意見をいただくことができました。

障害のある子も、みんなと同じことができなくても、
一緒に机を共有し、一緒に活動をする、という
保育園側の考えが伝わってきました。


今園にいる、バギーのお子さんが使っている椅子にも、試しに座らせてくれました。
めっちゃ嫌がって、えらいことになりましたけど(^^;
保育園との話し合い

他にも、園で使うバギーや歩行器の話もできました。

バギーから降りたふたばの様子もみてもらい、
抱っこしてもらったり、介助で立たせてもらったり、
園長先生の勧めで、看護師さんに吸引をしてもらったりと、
ふたばのことを知ってもらえた時間になりました。
「ふたばちゃんのことをいっぱい知る機会があって良かったです。
来年度、ご縁があるといいですね」
と園長先生が言ってくださいました。


園長先生からは、
園としては、バリアフリーな施設のため、ハード面では何も問題がありません。
加配の先生もつけることができます。
ただ、現在いらっしゃる看護師さんは、元々は「0歳児の赤ちゃんをたくさん受け入れるため」に雇っています。
本来0歳児を見るために雇われている看護師さんが、
0歳児を置いてふたばの医療ケアに手を取られてしまう、ということが問題になっています。
それを大阪市が許可してくれるかどうかで、入園の可否が決まります。
…というお話がありました。

そりゃそうですよね~、と私も納得。
その許可はきっときっと、とても難しいのだろうと思います。

園長先生からそういうお話を直接聞くことができて良かったです。
やれるだけのことはやったかな。
どういう結果でも、きっと納得できると思っています。
もしこの保育園に行けなかったとしても、この園と出逢えたこと、この園長先生と出逢えたことは
私にとってとても大きな意味があったと感じられると思う。

結果は来年の2月。まだまだ先だな~~!



 「障がい児育児」ブログのランキングに参加しています。
 ふたばマークをクリックして応援していただけると更新の励みになります。
 コメントもとっても嬉しいです(^^)
 ↓現在のランキングや、頑張る仲間たちのブログも集まっています。
 

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

Secret

保育園との話し合い

保育園に無事に入れると良いね

ちー姉さんへ

ちー姉さん、こんにちは☆
コメントありがとうございます。

かなり厳しい選考になりそうですが、結果を楽しみに待とうと思います!