プロフィール

 みっち 

Author: みっち 
とっても小さく生まれ、重症心身障害を持つ次女・ふたばと過ごす日々を綴ります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
障害児育児ブログ ランキング

間違いだらけの…GE

※お通じの話です。


ふたば、5月頃からエネーボという栄養剤を摂取しています。

エネーボはお腹が緩くなりやすいということを聞いたので
お腹の弱いふたばには慎重に注入するようにしていました。

でも…逆に便秘になってしまったようです(´・_・`)

汗を大量にかく季節になって、水分摂取が不足していたことも関係あるかもしれませんが。

トロミ剤を寒天に変えてみたり
水分を多めに注入したり
便秘体操やマッサージをしたりしましたが
全く出ませんでした…珍しいことに。

そこで、とても久しぶりに、グリセリン浣腸(=GE:Glycerin Enema)をすることになりました。

訪問看護師さんに来てもらっている時間に一緒に手伝ってもらったのですが
2人でもうビックリ!
浣腸をしてみると、ものすごいカタマリが登場

それを見て、しばらくトロミ剤や寒天はストップしよう!と思いました。

その後も便秘が続いていたので、今度は私1人のときにグリセリン浣腸を。
やっぱりその時もカタマリが登場…
の直後に、ボトボトの下痢になってしまいました(゚д゚)

浣腸の方法がまずかった?
と思って調べていたら、私が今回した浣腸のやり方は間違いだらけでした。

①浣腸液の量
処方されている浣腸液の容量は30mlのもの。
確か前は10mlくらいを捨てて残りを使っていた記憶が。
今回はちょびっとだけ破棄して、適当な量を使った。

 →→浣腸液の量は、体重に応じて使う。
    体重1kgあたり1mlが目安。
    ふたばの体重は10kgなので、10mlが適量なのに
    多分その2倍くらいの量を使ってしまった。

②浣腸液の温度
寒い季節なら湯煎をして使っていたが
今回はそのまま使った。

 →→浣腸液の適温は約40℃。
    直腸の温度は口腔や腋下より高く、37.5~38℃のため。
    そのまま使ってしまったので、液の温度は30℃にも届いていなかった。

③浣腸液挿入の長さと、注入の速さ
これも…とても適当にやってしまった。

 →→挿入の長さは、乳児だと3~4cm、子どもの場合は3~6cm。
    ふたばは体が小さいので3cmくらいが妥当。でもちょっと長かったかも。
    注入の速さもちょっと速かったかも。ゆっくりが良いそう。

特に量については、うろ覚えだったので、ちゃんと過去の記録を見れば良かったです
浣腸液も薬品なので、適当に使うとダメですね。

わざわざ記事にしなくても、みんな知ってるだろうし、
もし知らなくてもちゃんと調べてから使うやろ!と自分にツッコミを入れながら。。。
大いに反省しています。
ふたば、お腹が痛かったよね。ごめんね。



ちなみにタイトルに、浣腸ではなくGEと書いたのは、
トップに「浣腸」と出すことに抵抗があったからです…(笑)。



後日談。
ひどい便秘のふたばでしたが
その後はトロミを一切つけず、
水分を意識して多めにとり(15時に100mlのソリタ水と決めて注入)、
立ったり歩いたりする時間を増やしていくと、
改善されました。また自力で出せるようになりました。パチパチ。

成人の方だと、トロミなしの栄養剤を注入しても
形のある便が出ることが多いそうです。

ということは、ふたばの腸機能が、少し成長したっていうことなのかな?
トロミなしでは水気の多い便だったのが
トロミなしでもしっかりした便になってきたっていうことなんですよね。

ただ、全くトロミをつけないと、寝返った時などに逆流しやすいので、
特にエンシュア・Hにはトロミをつけて注入しています。


 「障がい児育児」ブログのランキングに参加しています。
 ふたばマークをクリックして応援していただけると頑張れます☆
 コメントもとっても嬉しく読んでいます(^^)
 ↓現在のランキングや、頑張る仲間たちのブログも集まっています。
 

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

Secret

間違いだらけの…GE

大丈夫?訪問看護さん来て良かったね

愛姫さんへ

愛姫さん、こんにちは☆
コメントありがとうございます。

薬なので、ちゃんと量や使い方をわかった上で使用しないといけませんね(^^;
反省しました。。。