プロフィール

 みっち 

Author: みっち 
とっても小さく生まれ、重症心身障害を持つ次女・ふたばと過ごす日々を綴ります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
障害児育児ブログ ランキング

役所からの情報(デイサービスと園庭開放)

先日、福祉関係の手当の手続きに、役所に行きました。
役所に行くのって正直ちょっと面倒(^^;
特にこの季節、役所はとっても混んでいて、待ち時間も長いので。

手続きはすぐに終わったのですが
今回担当してくださった方(Nさんとします)が、普段の生活などの聞き取りをしてくれました。

昨年度と、生活スタイルはあまり変わりはなく、

通園(療育とリハビリ)・・・週4~5日
訪問看護・・・・・・・・・・・・・週2日
ショートステイ・・・・・・・・・・年に3~4回

それらに加え

デイサービス・・・・・・・・・・月に1回程度

という感じです。

「ふたばちゃんの身体の状態は昨年度と同じような感じですかね?」
と聞かれたので、とっさに、はい、と答えました。

Nさん「自分の意志で移動するようなことはできますか?」

私「寝返りは以前からできていて、背中で這うような動きも出てきました」

Nさん「寝返りOK、背這いも少し、やね…」
 (Nさん、質問用紙にメモを取っておられます)

Nさん「リハビリでは主にどんなことをされていますか?」

私「自分で座る練習をしたり、介助歩行の練習をしたりしています」

Nさん「座る練習と、介助歩行ね。(メモメモ)
    ・・・・・・えっ、介助歩行!?そんなことができるようになったんですか!?」

私「あ、あの、介助度は大きいですよ!
ほとんど介助なんですけど、自分で足を動かすようになったので…」

Nさんのあまりの驚きように、なぜかこっちは謙遜モードになってしまいました(笑)。

Nさん「そうですか~~。すごいね~~。ふたばちゃん頑張ってるなぁ!」

と言ってくださって嬉しかったです。
Nさんの反応を見て、この1年でふたばがぐんと成長したことを感じました。

ふたばを褒めてもらえたせいか、一気にNさんに心を開いてしまった私。

今年度は、デイサービスの利用を増やしていきたいこと、
保育園か幼稚園で、週に数日だけでも、私が付き添ってもよいので、
ふたばに集団生活を送らせることに興味があること、を話してみました。

するとNさん、「こんなのができたみたいですよ!」と、
区内に新しくできた、医療ケアのできるデイサービスの情報をくださいました。
パンフレットも渡してくださいました。
「痰の吸引や経管栄養も対応してくれるし、
作業療法のリハビリも受けられるみたいですよ~~」
そんなありがたいデイサービスが近くにできたなんて知らなかった。嬉しい!

「保育園か幼稚園か、ということですけど、
保育園は点数制なので、保護者が就労していなければ点数が低くなって、入園できる可能性が低くなりますよね。
就労していることが原則だから、お母さんが付き添って登園するということは認められていないんです。
となると、痰の吸引のためには、看護師を配置しないといけなくなる。
それがちょっと難しいかもしれないね。

一方、幼稚園は付き添って登園という形も取れる可能性があるので、
お母さんの望む生活に近いんじゃないかな。

でも、現在通園も忙しくされているし、
無理して入園をしなくても、集団生活を経験するっていうことだけを考えるなら、
保育園や幼稚園の“園庭開放”に参加するっている方法もあるよ。
これだといろんな園を回れるメリットがあるよね」

Nさんはそう言って、区内の保育園の園庭開放の案内をまとめてくださいました。

園庭開放

情報をたくさんくださって、ありがた~~い!


園庭開放を行っている保育園の1つは、自宅のすぐそばにあるんです。
入園を考えるというのではなくても、地域の人や子どもたちに、
ふたばの存在を知ってもらうという目的のためにも、
参加してみようかな~~と考えるようになりました。


役所に行くの面倒だわ~なんて思っていたけど、
障害児担当の方にはこれからもいろいろ打ち明けて、味方になってもらっちゃおう♪と思いました。



 「障がい児育児」ブログのランキングに参加しています。
 ふたばマークをクリックして応援していただけると頑張れます☆
 コメントもとっても嬉しく読んでいます(^^)
 ↓現在のランキングや、頑張る仲間たちのブログも集まっています。
 

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

Secret

役所からの情報(デイサービスと園庭開放)

お疲れ様

愛姫さんへ

愛姫さん、こんにちは☆
コメントありがとうございます。

役所に足を運ぶのも大切だな~と思いました!