プロフィール

 みっち 

Author: みっち 
とっても小さく生まれ、重症心身障害を持つ次女・ふたばと過ごす日々を綴ります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
障害児育児ブログ ランキング

公園という場所

先週土曜日、ひとみが通う保育園の卒園式がありました。
ひとみは年中クラスなので、卒園まであと1年ありますが、
年中クラスは在園児の代表として、卒園式に出席しました。

先月頃から急に仲良くなった、年長クラスの友達がいて(Nちゃんと呼びます)、
保育園帰りに公園で一緒に遊んだりしていたので、
Nちゃんの卒園は特に淋しかったです

Nちゃんには生後6ヶ月になる妹がいます。
先日、Nちゃん親子と一緒に公園に行ったとき、
ふたばを見てNちゃんが、「何ヶ月かな?」と尋ねてきました。

「小さいけど、2歳だよ」と私が答えると、
Nちゃん親子は少しびっくりした様子でした。

Nちゃんのお母さんに
「生まれたとき、1kgもなくて、ずっと病院生活やったんです~」
と話しながら、さてどこまで話そうか?と少し考えていたら
ひとみがNちゃん親子に話し始めました。

「生まれたとき、心臓が止まってて、それでふたばは体が固まってしまったよ。
でも頑張って動けるようになってきてん。
ミルクが飲めなくてチューブで飲んでるよ。
喉も手術して(→気管切開のこと)頑張ったんだよ」

それを聞いてNちゃんのお母さんは
「そうなんや~!よぅ頑張ったなぁ!!すごいね」
Nちゃんも「すごいね!」と言ってくれました。

ひとみがふたばのことをこんな風に話してくれたのが嬉しかったです

普段、ふたばのことをひとみに話したり、周りの人に話したりしている内容が、
ひとみの中でこうやってまとまっているのかな。

Nちゃん親子の反応も嬉しかったです。

卒園後も、また公園で一緒に遊べたらいいな



公園と言えば。
昨日、日曜日はいいお天気で暖かかったので、
ひとみと同じクラスの友達を誘って、公園で昼から夕方まで遊びました。
ふたばもベビーカーでお散歩。ぽかぽかで気持ち良さそうでした

近所には公園がたくさんあるのですが、
昨日行ったところは、広くて遊具も多く、
4年前にリニューアルされたばかりの、きれいな公園
いつ行っても子ども達がたくさん遊んでいます。

ひとみのクラスは、男女比が3:1と、男の子が多いのですが、
活発で明るく優しい子が多くて、お母さん方もフレンドリーな人ばかり。
昨年、クラス懇談でふたばのことを話したこともあり(→「保育園の送迎1」「保育園の送迎2」参照)、
ふたばのことも知ってくれていて、気にかけてくれる方が多いです。

前日の夕方に、ふと思い立って、
一部のお母さんにいきなり公園への誘いをかけたのですが、
お母さん同士のネットワークで、10人の友達が集まってくれました

遊具やサッカー、泥遊び、ドッチボールなどをして、みんな本当に楽しそうでした。

公園

私は、お母さん方としゃべりまくり、笑いまくりの、とても楽しい1日になりました。



公園という場所は、
子ども達の、大事な集まりの場所。

ひとみ達のように元気な子ども達にとっても、
ふたばのようにハンデを抱えた子どもにとっても、
みんなが育ち合う、大切な場所だと思います。

公園で見かける、一緒に走り回って遊ぶきょうだいのようには、なれなくても。

そして親である自分達にとっても。


集まれる場所があること、集まれる仲間がいること。
幸せなことです


↓クリックして応援していただけると嬉しいです☆
 コメントもとっても嬉しいです(^^)

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

Secret

こんばんは

 みっちさん、素敵。読んでいて、さすがみっちさんだなぁと思いました。

 通園でも、そんなみっちさんの人柄が伝わりまくると思います(笑)

 ちょっと落ち込んでいたことがあったので、みっちさんのブログを読んで、元気づけられました。

 私にもいつか、みっちさんにとっての公園のような場所が見つかればいいな。気長に探してみようと思いますe-454
 
 あんさん、保育園決まりました。私のなかでは、まだ迷いや不安も大きいのですが…e-263また、そのうちブログに書きますね~e-446

はじめまして。
あんちゃんという脳性麻痺の子を育てています。

いつも読ませていただいていました。
あんちゃんはいま6ヶ月なので、ふたばちゃんはあんちゃんよりお姉さんですね。

ひとみちゃん、すごくきちんとふたばちゃんのことわかっていて、優しいお姉さんですね。
うちにもはっくんというお兄ちゃんがいるので、ひとみちゃんのようにあんちゃんのこと想ってくれるといいなぁと思いました。

私はまだまだ新米ですが、いろいろ情報交換していただけたらなぁとおもいます。
よろしくお願いします!

ゆずぽんさんへ

ゆずぽんさん、こんにちは。
温かいコメントありがとうございます。

ただ公園でみんなで遊んだ、ってそれだけなんですけどね。
でもふたばが生まれて、育てていく中で、これまで「ただそれだけ」と思っていたようなことが、実はすごく幸せなことなんだと思えたりするのですよね。

公園に行くと元気な子が走り回って遊んでいるのを必然的に見るし、子どもたちにふたばをじろじろと見られることもあるしで、苦行だわ~と思ってばかりの時もありましたが。。。

あんさん、保育園、決まったんですね!
また、お話聞かせてくださいね。

はくじゅさんへ

はくじゅさん、初めまして。コメントありがとうございます!

私もブログ読ませていただいてました。まだコメントしていなくてごめんなさい。
ご家族みんなであんちゃんを想って育てられていて、とても素敵だなぁと感じていました。

ひとみは、ふたばが生まれてすぐは、赤ちゃん返りをよくしていました(3歳差です)。でも、今は、自分がいろいろ見てあげようと思って接してくれています。

お兄ちゃんのはっくんも、ゆっくりとあんちゃんのことを理解して、自分なりの愛情を注いでいかれることだと思います。

また、はくじゅさんのブログに遊びに行かせてもらいますねv-22

お姉ちゃ素敵すぎる☆
みっちさんの姿をお手本に育っているんですね♪

うちの長男くんは、まだ理解出来てなくて「これ何?(胃ろう)」「何で歩けへんの?」って未だに質問攻めです。笑
胃ろうの手術の跡を見たときに、手術の説明したら泣いてくれる優しいお兄ちゃんです♪

公園って素敵な場所なんですよね。私はまだ、子連れを見かけて切なくなってしまう場所です…
いつか笑って遊べる日が来ますように☆

miさんへ

miさん、こんにちは。コメントありがとうございます☆

手術の説明を聞いて、長男くん泣いてくれたんですね。本当に優しいお兄ちゃん…!

ひとみは、ふたばには自分がそばにいてあげないと泣いてしまう、みたいに思っていて、中学生になったら吸引できるように練習する!と言ってくれています。

でも1年前はうちも質問攻めだったし、ふたばのこと可愛く思えてないような時期もありました。

上の子ならではの葛藤や気持ちの揺れが、きっとあるんですよね。


公園は、私も苦行の場に思えた時もありました。喜びも悲しみも詰まった場所です。