プロフィール

 みっち 

Author: みっち 
とっても小さく生まれ、重症心身障害を持つ次女・ふたばと過ごす日々を綴ります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
障害児育児ブログ ランキング

(改)自分の心で景色が変わる。政近さんの言葉。

(記事に不具合があり、タイトルだけアップされたままになってしまいました。修正しました)

ずいぶん前の話ですが、テレビを観ていた時のこと。

政近 準子(まさちか じゅんこ)さんという、パーソナルスタイリストをされている女性が出ていました。
kiwame051504-400x250.jpg


NHKの「助けて!きわめびと」という番組で、
視聴者からの応募をもとに、
悩みに応じて、その道を極めたプロフェッショナル(きわめびと)を派遣する、という
内容の番組です。

この回は、自分の容姿に自信がないという48歳の女性が、
「一度でいいからキレイと言われたい」と応募し、
それに対して政近さんが派遣されていました。

政近さんはキレイで都会的。
相談者の女性は政近さんのことを「苦手なタイプ」だと言っていました。
そのためか、政近さんから相談者の女性への、私服のアドバイスを
なかなか受け入れることができないようでした。

そんな相談者の女性に、政近さんは、ご自身の経験を涙ながらに話します。

一生完治しない難病を患っているのだと。

顔にケロイドができ、人目が気になり外出できない時期があった。
そんなとき支えてくれた家族のためにも、オシャレをして外出するようにしたと。

「人々は私の顔をじろじろ見たり可哀そうなものを見る目で私を見る。

でもそれは私自身の心の問題が大きかったのです。

あるとき、堂々と気にしないで自分らしく前を向いて歩いてみたら
人々は哀れな顔もせず、普通に通り過げていくことに気づきました。
だれも私を注視してないんです。

『病気なのも私。それが自分らしさ』と思った瞬間、人の目も変わって感じました。

見える景色が変わったのです。」

政近さんはこのようなことを語られていました。


相談者の女性は、そこから、アドバイスを受け入れられるようになったようでした。
それまで地味な男物の洋服しか着ていなかった相談者の女性が
女性らしい洋服を着て街を行く人々にアドバイスを求めるなど、
どんどんオシャレになり、顔つきも明るく変わっていく様子が描かれていました。


政近さんの言葉は、
見た目で障害があるとわかるふたばと一緒に生きている私にも、
心に響くものがありました。

視線を感じることも、心ない言葉をぶつけられることも、
毎日のようにありますが、
捉え方は自分の心次第なのかもしれません。

人の目や心は変えられない。
でも自分の目や心は、変えることができます。


障害はふたばの一部であり、
ふたばといることが、ふたばと一緒に生きているということ。
それが私の日常なんだ。

そんな風に思っていれば、少しは気にならなくなるかもしれません。

(…すでに、あまり気にしていない気もしますが(笑)。
通園のママたちには「ハガネの心の持ち主」と言われていますので…(^^))

何気なく観ているテレビの中にも、
考え方のヒントが満載ですね。

政近さんの書かれている本も読んでみたいな。

さて、次回からはしばらく、旅行記が続きます。



↓「障がい児育児」ブログのランキングに参加しています。
 ふたばマークをクリックして応援していただけると嬉しいです☆
 コメントも励みになります(^^)

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

Secret