プロフィール

 みっち 

Author: みっち 
とっても小さく生まれ、重症心身障害を持つ次女・ふたばと過ごす日々を綴ります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
障害児育児ブログ ランキング

デイサービスの見学

最近あまりショートステイを利用しなくなり、どこに行くにもふたばと一緒の毎日
でも、ふたばと一緒だと行きにくい場所もあります。
自分のための通院とか、美容院とか。
何時間かだけ、1人で動きたいな~というときのために、
デイサービスのようなものを利用できたらいいな~と、
保育の先生や、リハビリの先生に、前々から話していたんです。
(近くにあるデイサービスは、どこも医療ケアができないと断られてきました)

すると先日、OTの時間に先生が
「デイサービス使いたいって言ってたよね?
私が担当している○○ちゃんと△△ちゃん、同じデイサービスに行ってるらしくて、
そこは吸引や鼻注も対応してくれるらしいよ!」
と、かなりナイスな情報をくださいました
調べてみたら、少し遠い区にあるのだけど、
電車では自宅から1本で行ける。ドアツードアでちょうど30分!

そのデイサービスを利用している子のママにさっそく話を聞いて
その日のうちに電話で問い合わせすると、
いつでも見学どうぞ~!と言ってくださったので
週が明けてすぐ、見学に行きました(^-^)

デイサービス
(写真を撮ることは許可していただきましたが、念のため少しぼかしておきます)

スタッフは明るい方ばかりで、話しやすかったです。
利用している子は、ふたばと同じような心身の障害だったり、
発達障害だったり、状態もさまざまです。

見学の身であるふたばも、朝の活動に参加させてもらいました。
バギーに座りっぱなし…というのではなく、
プレイマットで好きなように動けて、ふたばも機嫌良くキョロキョロしていました。

1日の受け入れ人数に対しスタッフの人数が多いので、
常に目が行き届く環境に思えました。

このデイサービスは「どんな障がいの方も受け入れています」とのことで
サービス地域以外でも利用できるとのこと。
(地域外だと、送迎は難しいようです)
私の住む地域も、サービス地域外だし
しかも、気管切開と経管栄養という、医療ケアつきですが、
快く受け入れてくださいました。

看護師さんが常駐していなくて、介護職の方だけなので
医療ケアについては、しばらくは私の付き添いが必要なことと、
看護師さんが来られる日に介護職の方たちが研修を受けることで、
吸引も注入もしていただけるようになるそうです。
(ただし、例えば経管栄養のカテーテルが抜けてしまったような場合は
私が入れに行かないといけなくなりそうです)


通園施設を利用するのには「障がい児通所受給者証」というものが必要なのですが
デイサービスも同じ受給者証を使って利用できるそうです。
通所に、「1ヶ月に●日まで利用できる」という上限(支給量)が決まっているので
通園に何日、デイサービスに何日、という振り分けを決めておけば
その範囲内であれば、費用も上限額までの負担で済むということです。


ふたばの生い立ちから、これまでの成育歴、
心身のこと、生活のこと、医療ケアのこと…など
一から誰かにお話するのは、かなり久しぶりだった気がします。
  
 

就学まであと3年弱。
ふたばを知って、見てくれる場所を、少しずつ増やしていこうと思っています。

手続きや、研修などが必要なので、利用するまでにしばらく時間がかかりそうですが
また利用を始めたら、そのようすもアップしていきたいです。


↓「障がい児育児」ブログのランキングに参加しています。
 ふたばマークをクリックして応援していただけると嬉しいです☆
 コメントも励みになります(^^)

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

Secret