プロフィール

 みっち 

Author: みっち 
とっても小さく生まれ、重症心身障害を持つ次女・ふたばと過ごす日々を綴ります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
障害児育児ブログ ランキング

ST(希望を持てる時間)

リハビリや保育活動中、寝ることもなくなり
「体力がついてきたかな!?」なんて先生たちと話している今日この頃でしたが…

ある日のSTの時間、
リハビリ開始直前に力尽きて眠ってしまい、
寝たままのスタート(^^;
寝ています

寝ていると、腕や手の拘縮もやわらいで
こんなに力が抜けます~~。
寝たまま、口の周りのマッサージ。


そして、ふたばのウィークポイントである、わき腹をつつくと。
起きた
起きました。
覚醒すると、力が入ってビシーッとなります。
「うわーすごい抵抗(笑)。起きたら起きたで大変やね(笑)」
とSTの先生。

寝ているとグデングデンで抱っこも大変だけど
起きるとものすごい抵抗するんですよね、STタイム(笑)。


目覚めるとそこには本日のおやつが

~本日のおやつ~
 ・うめぼしグミ
 ・おかき

酸っぱいもの、塩気のあるものが好きなふたばのために
しぶいおやつをSTの先生が用意してくださいました(^^)

おかきをいただきます。
けっこう固いので、奥歯で噛みしめてもなかなかガリッとは噛めませんでした。
でも、味はわりと好きだったみたい。
従順に舌を動かしたりしていました。
えらい、えらい(^^)
おかき


横抱きすると怒って拒否するので、この姿勢で落ち着きました。

「これだけ舌も動いているし、ふたばちゃんには、ごっくんできる力があると思うわ~」
とSTの先生は言って、あごの付け根のあたりを押して、嚥下を促してくださいます。


おやつの後は、口の周りや表情筋のほか、
顔全体のマッサージ。
表情を豊かにするには、ほっぺたや口角だけではなく、
頭皮やおでこ、アゴ、など、広範囲にわたってやわらげることが必要なんだそうです。

まだ寝ぼけていたのか、素直にマッサージを受けているふたば。
正面よりもこうやって、後ろから施すほうがいいのかも(笑)。
マッサージ

「ふたばちゃんは、もっともっと、表情を豊かに出せるはずよ~(^^)」
STの先生はいつも言ってくださいます。


ふたばの場合、PTやOTに比べて、STは効果が見えにくいリハビリだと感じます。
食べること(飲み込むこと)も、声を出すことも、できるわけじゃないし…
でもSTの先生がいつも明るく、ふたばと楽しくコミュニケーションをとってくださるおかげで、
ふたばにはこんなこともできるかも、と希望を持てる時間なのです。

給食注入を始めたいな~とぼんやり考えていた時も
年上のクラスの○○ちゃんはこんな形態で注入しているよ、
最初はペースト食のハーフ(半分の量)から始めてみたら、と教えてくれ
さささっと手配してくださってありがたかったです



↓「障がい児育児」ブログのランキングに参加しています。
 ふたばマークをクリックして応援していただけると嬉しいです☆
 コメントも励みになります(^^)

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

Secret

こんばんは

 素敵STの先生ですね。ふたばちゃん好みのおやつのセレクトもナイス(*´∀`*)

 あんさんは、状態が悪くなってから、STはお休みしています。密かに喉頭分離をしたら、またモグモグに挑戦できるのかなぁなんて思ったりしていますが。

 あんさんが受けていたSTは、食べることのみの訓練だったので、表情を豊かにするマッサージも、STの範囲なんだと知りました。そういえば、STの先生って、呼吸リハも獲得している方が多いとも聞いたことがあるような…。PTやOTって、比較的受けやすいし、療法士さんの数も多いですよね。それに比べて、STさんってちょっと特別な感じがします。

 そんなSTさんが、素敵な先生だなんて、とっても羨ましい(*´∀`*)ふたばちゃんの可能性をどんどん広げてくれそう!

 ふたばちゃんの充実したSTの様子に、あんさんもまたお願いしてみようかなぁという気になりました(^^)

 おかきを食べている姿がかわいくて、思わず拡大して見ちゃいました。ふたばちゃん、美味しかったかなー?( ̄▽ ̄)

ゆずぽんさんへ

ゆずぽんさん、こんばんは☆
コメントありがとうございます。

今担当してくださっているSTの先生はとにかく明るい方で、とてもありがたく思っています♪

喉頭分離をしたら、摂食練習がスムーズになった、という話もよく聞きます。喉頭分離のメリットの1つですよね。
単純気管切開だけだとやっぱり、誤嚥のリスクが常にあります。

STは、食べること・話すことがメインなのだとは思いますが、
コミュニケーションの手段の1つとして、表情を豊かにするために表情筋をゆるめたり鍛えたりするマッサージを施してくれているのでしょうね。
呼吸リハもしてもらえたら、かなりいいですよね!

そうそう、PTやOTの先生は数も多いんですが、STの先生はどこでも人数が少ないんですよね~。
完全に個室でリハビリをするケースが多いようで、他のお子さんがどんなSTのリハビリをしているかを知る機会もほとんどないです。

あんさんは、いろいろな表情をしてくれるからコミュニケーションが取れると思うし、もともと食べることも大好きですもんね。
体調が落ち着いて、STのリハビリもまた受けることができるといいですね(^^)