プロフィール

 みっち 

Author: みっち 
とっても小さく生まれ、重症心身障害を持つ次女・ふたばと過ごす日々を綴ります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
障害児育児ブログ ランキング

OT(リハビリのモチベーション)

通園施設でのふたばを見ていると、
リハビリや保育活動の部屋によって
ふたばの様子が変わります。

PTの部屋では、頑張って座位や立位をとるけど、
玩具を差し出しても、絶対に手を出さない。

いっぽう、すぐ隣のOTの部屋では、
差し出された玩具を積極的に触る。

STの部屋では、
おとなしくしていて、たまに“無”になっている。

保育活動の部屋では、
支えていても座ろうとせず
寝転んで遊びたがる。


実際、PTの先生が、OTの時間に一緒にリハビリしてくれた時には
「こんな風に遊べるんや!」と驚かれていました(笑)。

逆に、OTの先生がPTの時間に一緒にリハビリしてくれた時には
「あれ?いつもは好きな玩具なのに??」
と不思議そうにされていました(笑)。


OTの先生は
「部屋によって、やることを使い分ける子、多いのよ!」
とおっしゃっていました。そうなの~~!?

ふたば、意外と空気を読んでいる??



さて、最近のOTでは
以前から行っていますが
感覚遊びをしながら、座位をうまく保つ練習をしています。


まずはスライム。
スライム遊び
スライムにはいつも自分から手を出して、触って遊んでいます。
5秒くらいで飽きて、ポイッとしちゃうのですが(^^;
この日の服とスライムの色が一緒だった(笑)。



これは、固めの粘土。
粘土で吊り革?
伸ばしていくと、まるで吊り革。



前にも書いた、キネティック・サンド。
(過去記事『新しい感覚遊びとiPad』参照)
キネティック・サンドをスプーンで
大きめのスプーンですくって遊んでみたりします。



最後に、こんなポーズ。
ほおづえも大事
ほおづえです♪
このポーズ、実はけっこう大事。
手首の内側を伸ばしているんです。
手首が固いので、少しやりづらそうにしていましたが…


ふたばが(かなり飽きっぽいながらも)好きに遊べるのがOTの時間。
OTの先生はもう2年間ずっと見てくださっているんですが
この先生がすごいなと思うのは
ふたばのような、意思疎通も難しく、身体の動きの範囲も狭い子どもにも
お話ができたり歩くことができたりする子どもにも
まーーーったく同じように接してくれるところなんです。

上手に歩くことができる子に
「お~!すごい!!上手になったね~~!!」と声をかけるのは
多くの先生がされていることですが
ふたばの小さい小さい動きや変化を見て
歩ける子とまったく同じようにほめてくれるのは
このOTの先生くらいかもしれないな、と思っています(^^)


そんな温かい目の専門家がそばにいてくれることが、
私とふたばがリハビリに通うモチベーションを
上げてくれていることは間違いありません



↓「障がい児育児」ブログのランキングに参加しています。
 ふたばマークをクリックして応援していただけると嬉しいです☆
 コメントも励みになります(^^)

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

Secret

OT(リハビリのモチベーション)

リハビリお疲れ

No title

こんばんは☆

ふたばちゃん凄~い♪
お部屋毎にやるべき事を弁えてるなんて
素晴らしい事だわよ
空気の読めるナイスチルドレンだわね

うんうん
リハの先生って揃いも揃って頼り甲斐あるよねぇ
うちもモチベーション上げまくって貰ってます
ふたばちゃんの更なる成長、楽しみにしてますぞ♡


愛姫さんへ

愛姫さん、こんにちは☆
コメントありがとうございます。

リハビリ、継続できるよう頑張って通います(^^)

もも母さんへ

もも母さん、こんにちは☆
コメントありがとうございます。

リハビリの先生方は本当にすごいですよね。
リハそのものの腕だけでなく
子どもと親のやる気を上げるスキルを
どれだけ隠し持っているんだろうと思うこともあるほどです!

ももちゃんを担当されているリハビリの先生方も
ほんとに素敵な方ばかりですよね。
私的にはPTの先生がいつも楽しそうにされていて
ものすごくプロフェッショナルな雰囲気をかもし出されているな~と思って見ています。

空気の読めるナイスチルドレン(笑)。
ぜひ目指してもらいたいと思います!

No title

ほおづえ、可愛いですねぇ〜(^O^)
子供の仕草って、ほんと可愛いです。
その仕草が腕にいいとは!うちもさせてみよう。いままでしたことないです。右は特に動きが悪いので、自分のほっぺになかなかつけれませんから、いいかもしれないです(^O^)
ふたばちゃんの「無」
クラスメイトの子もよくしますよ〜。親から見えているんだけど💦あ、いま消えているね(^◇^;)って感じで気配を消しています。息子はまだそこまで思いつかないようです。
リハビリ室に入ると泣き叫んでどうにかしようとするので、夏以降、学園でリハビリをしていません。学園生活のなかでリハビリをまぜまぜしながらやっています。来年度は再開できるといいなと思ってます。
私は、絵を描くのが好きですが、唇や、眉の端をほんのちょっとだけ上げ下げするだけで表情が変わってしまいます。
ふたばちゃんの先生はそのほんのちょっとを見逃さず、拾い上げたら大きくご披露してくれるんですね(^O^)子供本人も気づいていない自己表現に気が付けて とってもいいですよね。
学園の子供たちも、「あ、うれしいね〜!!」とか「これ、好きだよね〜 ?」とか声に出して言われると
「ああ、そうなの?」って顔していたりします。

ちまきさんへ

ちまきさん、こんにちは☆
コメントありがとうございます。

ほおづえ可愛いでしょう(^^)
手首の動きのためには、いいポーズみたいです。

大ちゃんのクラスメイトの子もよく「無」になっているんですね(笑)。
周りから見ても無になっているのがわかるなんて、かなりやり手と見ました(笑)!

大ちゃんは学園でリハビリをしていないんですね。
学園での生活そのものが、リハビリになっているような気もしますよね。
でもお家にエースも来てくださっていることだし、ぼちぼちですよね☆


「唇や、眉の端をほんのちょっとだけ上げ下げするだけで表情が変わってしまう」
そうなんですね。確かに人の表情って、ちょっとした動きで、見る側は気づきますよね。
「あ、今、ちょっとムッとしたな」とか
「ニヤッと笑いそうになるのをこらえたのかな」とか(笑)。
ちまきさんの描かれる絵は温かくて心がこもっていて大好きです。
小さい頃から絵を描くのが好きでしたか?
私も幼児期は絵画教室に通い、大好きでしたが、もう全然描けませんね。


話がそれちゃいましたが、そうなんですよ、ふたばを担当してくれている先生はちょっとした変化でもすごく大きく取り上げてくださって、
他の先生に「こんなんできるんですよ~すごいでしょう!」と言ってくださったり
「ふたばちゃんはこれが好きやもんね~楽しいよね~!」と言語化してくださったりします。
そういう1つ1つをインプットしていってくれたらいいなぁと思います。