プロフィール

 みっち 

Author: みっち 
とっても小さく生まれ、重症心身障害を持つ次女・ふたばと過ごす日々を綴ります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
障害児育児ブログ ランキング

療育講座(道具を使って遊ぼう)

通園施設で開かれる、月1回・体験型の「療育講座」。
今回のテーマは「道具を使って遊ぼう」でした。
講師は、OT(作業療法士)の先生です。

まず最初に、基本事項を学びます。

◆道具とは?
・書く、叩く、すくう、切る …etc. 手の代わり・手の延長で、
活動する上で難しい動きがやりやすくなるようサポートしてくれるもの。

◆自助具とは?
・○○しやすい(持ちやすい、握りやすい、使いやすい…etc.)もの。
・市販のものでは使いにくい、売っていないなどで、特別なものを作製することもある。
  
◆道具を使うために
・持ち続けられること、手元を見ること、姿勢の安定が必要。

◆道具の種類
・フォームラバー:スポンジ状のゴム。スプーンなどに巻き、持ち手を太くすることで握りやすくする
フォームラバー

・ペンシルホルダー:筆記用具にクリップで握り手をつけたもの。握り手に手を添えて文字を書く。
握り込みや緊張が強い場合に使う。
ペンシルホルダー

・ゆびふで:筆記用具を握ることが難しい場合に、指先につけた筆で書くことができる。
ゆびふで

・鉛筆・クレヨン:太くて握りやすく、少ない力でスラスラ描くことができる。
鉛筆・クレヨン

・斜面台:机の上で絵を描いたり本を読んだりするとき、角度をつけて見やすくするもの。目を下に向けることが難しかったり、頭が保持できない場合などに使う。最近はIKEAなどでも販売されているようです。タブレットが普及しているからだそう。
斜面台

・すべり止めマット:食事のとき、お皿が動かないように敷くもの。遊びの場面で使うこともできる。
すべり止めマット

・はさみ:カスタネットのような形をしていて、叩くと切ることができる。
はさみ

・材料:一例として、お湯で溶かして好きな形に固められるプラスチック。これでその子に合わせたスプーンなど作ることができる。
材料



…すごいですね、自助具。
考えてみれば私たちの周りにも、
生活の中でちょっと便利にしてくれるものってとってもたくさんあります。
それと同じように、ハンデのある子の手助けをしてくれるものが自助具。
自分で何かをする、という力を大切にして、手助けしてくれるパートナー達なんだなぁ。

ものを握ることはできてもすぐにポイッと投げてしまうふたばには、
「ゆびふで」なんていいんじゃないかと思いました。
書かせてみたらいろいろ書けたりして(^^)

基本を学んだあとは、子ども達と一緒に実践です。
ふたばは、スラスラ描けるクレヨンで少しお絵描きをしました。
クレヨンでお絵かき
クレヨンも少し描くとポイッと投げちゃいましたが…
紙は大好きですぐこんなことになります。くしゃくしゃ~~
やっぱりこうなる

次はバチを使って鉄琴遊び。これにはけっこう食いついていました。
鉄琴

クラスの中には、手を使うことを嫌がる子もけっこういます。
そういう子は緊張が強く、皮膚が張っていて、触るだけでも刺激が強いのだそうです。
OTさんは、まずは柔らかい刺激(粘土など)から始めて、徐々に慣らすことを勧めておられました。


うまく道具を使って、ふたばの感覚を拡げ、
経験も拡げてあげられたらいいなと思います。


↓「障がい児育児」ブログのランキングに参加しています。
 ふたばマークをクリックして応援していただけると嬉しいです☆
 コメントも励みになります(^^)

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

日本は、外国の方から見ても過剰なサービス精神というか、気を使う民族ですよね。
歯の付いているサランラップとか、自動であくタクシーとか、なんでも便利にしていきます。
健常者には、とてつもなく親切。
なのにその親切心はあまり障害者へは向けられていないような気がします。
日本の企業がバーーンとそういう部門を立ち上げたりしたら、ものすごい便利なものを開発してくれそうなのに〜(⌒-⌒; )
高齢者社会になってきて、以前よりはそういったものを扱うコーナーとかが、断然増えているような気はしますが、大人用が多いです。
弱者にケチい日本人ですね💦

ふたばちゃんの好き嫌いが見え隠れして、どんどん色んな体験を積み重ねていってね〜と思いながら読んでました。自助具って初めて聞きました。種類もたくさんあるんですね。いつも役立つ情報、ありがとうございます。


抱っこ紐、座位保持椅子、バギーなどが私から見たら「便利やなぁ〜」って思うけど、抱っこされるのがめちゃ好きな娘には全く便利グッズではないようです(笑)双方にとって便利なグッズがなかなか見つかりません(T_T)あ、でも、ビーズクッションは、私も娘もお気に入りです(^-^)

ちまきさんへ

ちまきさん、こんにちは☆
コメントありがとうございます。

便利なグッズ、とても多いですよね。
介護用の便利なものも確かに増えてきましたね。
でも今回講座で紹介されたようなものは
一般的にはほとんど知られていないような物ばかりだったと思います。

数だけで言えば、需要が少ないんだろうけど…
だから購入したくてもきっとかなりのお値段がする気がします。

日本の企業が部門を立ち上げてくれることを期待?しようかな(^^)

あかみらさんへ

あかみらさん、こんにちは☆
コメントありがとうございます。

自助具はなかなか面白いですよね。
今回は遊びを助けてくれる自助具が中心でしたが
他にも食事やお風呂などを助けてくれるようなグッズがいろいろあります。

みらいちゃんは抱っこ大好きですもんね!
でも抱っこひもはダメ?なんでしょうか。
ビーズクッション、みらいちゃんもあかみらさんもお気に入りなんですね(^^)
お互いにとって便利で心地いいものが一番必要ですよね。