プロフィール

 みっち 

Author: みっち 
とっても小さく生まれ、重症心身障害を持つ次女・ふたばと過ごす日々を綴ります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
障害児育児ブログ ランキング

おむつ代や通院費も。医療費控除のこと

確定申告の季節がやってきました。

確定申告の時期は、2月半ば~3月半ばですが
医療費控除の還付申告だけなら1月1日から税務署で受付してくれているので
家族全員の医療費が10万円を超えた翌年には
いつも1月中に税務署に行って申告手続きをしています。
1月中だと会場が空いているんです(^^)

これまで、ひとみとふたばを出産した年の分は、
医療費控除の申告をしていました。

昨年はなにかと医療費がかかったな~と思い
集めていた領収書をまとめて計算してみると、
10万円を超えていたので、
先日、必要書類を揃えて医療費控除の申告に行ってきました。
確定申告会場


領収書は、提出のしかたがいろいろあるようですが
我が家はいつも、人ごとに分けて、日付順にまとめています。
そして人ごとの領収書の合計額、家族全員の領収書の合計額を、前もって計算して行きます。

持って行った書類は、
1.領収書
(昨年1月1日~12月31日までに
病院や薬局などで受け取った領収書。
控除対象外とされる予防接種代などはのぞく)

2.夫の職場から発行された、源泉徴収票(原本)

3.認め印

4.還付してもらう銀行の通帳


医療費控除の対象となるものは、国税庁のサイトにも書かれていますが
税務署からもらった説明の用紙にこんな記載がありました。
控除の対象


この中の通院費(自家用車のガソリン代は対象外のようです)は、
人ごとに、日付順にかかった通院費(電車代)をまとめてエクセルで作ったメモを用意しました。
公共交通機関を利用した場合、領収書は発行されないので
このようなメモでかまわないそうです。
(この画像はダミーです、笑)

通院交通費メモ

それから、かかりつけ病院に「おむつ使用証明書」を発行してもらいました。
おむつ 使用証明書
「在宅で治療中」ということと
「6ヶ月以上にわたり寝たきりなので、常時おむつが必要」
という文言が入っていれば良いようです。
病院にお願いするとすぐに発行してくれました。
この証明書と、おむつ代の領収書をセットで用意しました。

※ふたばは3歳から、おむつの給付を受けていますが
 自己負担額が発生しているので、その分の領収書を用意しました。
(領収書には、給付額と、自己負担額がそれぞれ明記されています)


税務署では、書類の確認と、パソコンへの入力で
だいたい30分ほどで手続きが終わりました。


返ってくる金額的には、まぁ微々たるものですが。
申告するなら、医療に関わる「領収書」という名のものすべてを
集めておくと良さそう。
医療機器や装具なども対象になるようです。
今回提出した分の全部が、控除の対象になるかどうかはわかりませんが。
税務署に確認すると、対象外のものが入っていた場合は連絡が来て、訂正を求められるのだそうです。


ところで、昨日この記事を書いていて、途中で下書き保存したつもりが
間違えて公開してしまっていました
その後、「下書き」に切り替えたんですが
タイトルをクリックするとエラーが発生してしまっていて…
クリックしてくださった方、すみません。
それから、その時にタイトルに「おむつ代も診断書料も…」と表示されていましたが
診断書料は医療費控除の対象にならないようです
いろいろとごめんなさい。

↓「障がい児育児」ブログのランキングに参加しています。
 ふたばマークをクリックして応援していただけると嬉しいです☆
 コメントも励みになります(^^)

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

Secret

確定申告では

v-22
確定申告お疲れ様でした~

これからも確定申告が必要になるのでしたらぜひe-タックスをご利用したらどうでしょうか。
いちいち行かなくてもいいし、領収書も添付しなくていいし(あ、いざという時のためにとっておいてくださいね)、還付金が早くもらえます。
ただ、初期投資が必要で、ICカードリーダーと、電子署名の手続きがあります。
私もやりたかったんだけど、そうそう申告することもないのでやめちゃったけど、毎年必要ならと真剣に考えました。
国税庁のhpを覗いてみてね。
v-22

その画面見ました(⌒-⌒; )
私のiPadがまたまた不調になったのかと焦りましたが、そういう理由だったんですね。
よかった。(^O^)
私も毎年申告に行くのですが、毎年何かしら制度やら控除額やらに変化があって、ややこしいです(⌒-⌒; ) 去年は子供の医療費は実質あまりかかっていないので、(子供医療費助成で返ってきました)10万円に満たないです。
あ、ひとつ人より力持ちでした💦主人に違うぞとつっこまれました(^◇^;)

こんにちは

やはりみっちさんの記事は参考になります(*´ー`*)

小児慢性のことも、みっちさんの記事を読んで、ちゃんと勉強しとかないとって思いました。でも、支払いの仕方や還付の方法も、地域によって様々なんでしょうね。あんさん、前回の診察で小児慢性の手帳には記入されていたけれど、それ以上はとくに何も変わったことはなく…。後から出てくるのかな。

そういえば、以前の小児慢性の記事で、対象となる疾患以外のことで、病院にかかると、医療費がかかると書かれていましたが、ふたばちゃんは乳児医療や障がい医療の対象になっても、支払いがあるということなのかな?無知ですみません(^_^;)

制度がいろいろと変わってきて、正直不安な面が大きいですが…。ちゃんと勉強して、あんさんが受けられるサービスをしっかりと、把握してないとダメですよね。それにかかる自己負担のことも。

そうそう、前々回のはいはいの記事、ふたばちゃんすごい!!ってテンション上がりましたヽ(*゚∀゚*)ノちまきさんの大ちゃんも、ハイハイができるようになってきたって書かれていましたもんね。同じ境遇の仲間の成長は、何でこんなに嬉しいんでしょう。きっとふたばちゃんなりの、ハイハイを習得していくんでしょうね。でも、そうなったらみっちさん大変そう( ̄▽ ̄)嬉しい悲鳴だろうなぁ。

ハイハイ器も、ふたばちゃん用に改造すると、ますますよさそうな感じ。なんとなく、みっちさんの旦那さま、そういったことが上手そうです(*^_^*)

笹さんへ

笹さん、こんにちは☆
コメントありがとうございます。

e-taxのこと、情報をありがとうございます!
私も便利だなぁと思って調べたのですが
ICカードリーダーを購入しないといけないんですよね。
領収書の提出が免除されるのはありがたいのですが
1つ1つの通院を入力しないといけないようで、
ちょっと大変そうなのでやめてしまいました(^^;
家族4人分となるとなかなかの数なんです。

システム自体は便利なので
もう少し手続きが簡素になればいいな~と思いますv-22

ちまきさんへ

ちまきさん、こんにちは☆
コメントありがとうございます。

ちまきさんも見られましたか(^^;
失礼しました。そそっかしいので、ちょくちょくミスします(笑)。

わが家も、子どもの医療費はあんまりかかっていなかったんですが
昨年歯の手術をしたりしたこともあって、私が一番高額でした。

ちまきさんの記事でのコメントの続きで。
「いなかっぺ大将」名前だけ聞いたことがあります。
「サンダーバード」は…特急の名前…のことじゃないですよね?(笑)
「スポック船長」知らないです(笑)。

夫はたまに道を聞かれています。道を教えるのがうまいんです。
外国語で聞かれる確率がなぜか高いです(^^)
私はじぶんの住んでいる街でもうまく説明できないのに
人が良さそうな外見なので、しょっちゅう聞かれます。

ゆずぽんさんへ

ゆずぽんさん、こんにちは☆
コメントありがとうございます。

医療費、小児慢性特定疾病のことも、ほんとに地域によっていろいろなんですね。
私が住んでいるところは、1月から発生した自己負担額が還付されるという説明はどこにも書いていなかったので還付はなさそうですが、一応問い合わせしてみようと思います。

うちの地域は、乳幼児医療・障害児医療ともに、1回の受診は500円(1ヶ月の上限が1000円なので、その月の3回目以降の受診は無料です)という助成があるだけなんです。
ふたばの場合は呼吸器系以外の受診(歯科・眼科など)を受診するとかかってきます。
助成によって無料という地域も多いですよね。
うちの地域はかなり財政難のようです(^^;

自己負担がない分に関しては、特に詳しく知らなくてもいい気がするのですが
少しでも自己負担がある分はちゃんと知って納得しておかないとな~と思います。

大ちゃんのハイハイは私もテンションが上がってしまいました!
ふたばのハイハイは気持ちばかり前に進んで、拘縮している腕のかわりにおでこを使って這うので
なんとも奇妙なスタイルですが…(笑)。

そうですね、夫はそういう大工的なことも得意だと思います。
でも療法士さんの腕にいつも「プロフェッショナルや…」とうなり声をあげているので
手は出さなさそうです(笑)。

おむつ代や通院費も。医療費控除のこと

お疲れ

愛姫さんへ

愛姫さん、こんにちは☆
コメントありがとうございます。

徒歩15分の所に税務署があるので便利でした(^^)

こんにちは!

医療費控除、お疲れさまです(*^^*)
うちもこうちゃんを妊娠した年から、毎年恒例になってます。かなり面倒な作業ですが、お金が戻ってくるなら…とせっせせっせと領収書を取りまとめている最中です。コツコツやれば良いとはわかっていながら、一気にまとめてやるのでかなりの時間を要します(笑)

先日のみっちさんの記事で、小児慢性の対象疾患が増えた事を知り、調べてみたところ、こうちゃんの疾患も新しく加わっていました☆
今までは、食事代がしっかりかかっていたので入院費もなかなかの出費だったんですが、これからは少し安くなりそうです(^-^)
みっちさんの記事を読まなかったら、気づかなかったと思います!ありがとうございます♡

色々な制度があったり変更もあったり、ややこしいけどしっかり調べなきゃいけないなーと思いました^^;と言いつつ、全く理解出来てないです(>_<)
みっちさんは本当すごいです。いつもすごく参考になる記事を載せていただいてありがとうございます(*^^*)

ふたばちゃんのハイハイ姿、見てみたいなー♡
顔を潰しながらも頑張る姿にキュンキュンです♡(´ε` )

No title

こんばんわ!

さすがみっちさん☆
オムツ証明証!!なるものがあるんですねー!
なるほど!自己負担分もOKってことですか!
しらんかったー!しかも、領収書ない(゚_゚i)タラー・・・

装具も?保険で買ったのはいけるのかな?
それなら領収書あるかも♪
家の方の申告も準備して、2月の上旬にはすませたいです(*^-^)

こうちゃんママさんへ

こうちゃんママさん、こんばんは☆
コメントありがとうございます。

私もこうちゃんママさんと同じく、領収書の計算とか通院費計算とか一気にするので、時間が要りました(笑)。
今年は普段からコツコツやるぞ~!と思いながらも
早くも最初の一ヶ月が終わろうとしています(笑)。

小児慢性の新たな対象疾病に、こうちゃんの病名が入っていたんですね。
これまで入院のときの食事代がかかっていたんですか!
注入食でもかかるんですね。
ふたばの入院の時はミルクやエンシュア持ち込みです。
負担が少しでも軽くなれば、気持ち的にも少し軽くなりますよね。


ほんと、いろいろな制度に助けられていますが、日々変わっていくものもあるので、損をしないようにいきたいですね。←大阪人のがめつさです(笑)。

私、根っからのズボラで細かい管理とか苦手で、
夫はもちろん、職場の上司をよく困らせていました(^_^;)
でも何とか、子どもにまつわることだけはしっかり理解したいと思ってます。

ふたばの奇妙ながらも必死なハイハイは、なかなかオモシロ可愛いですよ(^^)
顔がつぶれることなど二の次の、女子度のとことん低いふたばです。

naoさんへ

naoさん、こんばんは☆
コメントありがとうございます。

おむつは、給付制度があっても、支払い0ではないですもんね。
証明書があればいけるはずと税務署の方もおっしゃっていました!
おむつ使用証明書は病院にとっては、高齢の方に作成する機会が多いと思うので、テンプレートがあったみたいです。

装具も、自己負担分を支払った分があれば、控除対象になるようですよ。

naoさんはお家の分の申告もありますもんね。
2月上旬だとまだ混む前だと思うし、スムーズに済みますように~(^^)