プロフィール

 みっち 

Author: みっち 
とっても小さく生まれ、重症心身障害を持つ次女・ふたばと過ごす日々を綴ります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
障害児育児ブログ ランキング

クッキングと、保育活動(療育)への思い

通園施設では、月に1回ほどのペースで、
保育活動(療育)の時間にクッキングをします。

今月のクッキングは「スイート・パンプキン」作りでした。

保育士さん達が下茹でしてくれたカボチャを
子ども達とお母さんでつぶしていきます。

いきなりカボチャをつかんで、トレイに叩きつけていたふたばでした…

ふたばは、ねっとりしたものを触るのが苦手なようで
粘土や小麦粉粘土、クッキングのジャガイモなんかは
ちょっと触った後、ずーっと頑なに手を引っ込めたままだったのですが
今回のカボチャは、積極的に触っていました。
もしや皮の部分が良かったのかな??

カボチャをつぶす

保育士さんが後ろから支えて座らせてくれています。
このバンダナ、「スタバ!?」と周りのお母さんに言われましたが
昔行ったライブのおみやげなんです(^^)

つぶしたカボチャに、バターと砂糖と生クリームを混ぜて、
生地を丸めて、ホットプレートで焼きます。

ふたば、手も顔も首回りも、
カボチャだらけになりました。


焼いている間、みんな手を洗ってから、絵本の読み聞かせをしてもらいます。

だんだんいい香りがしてきて…

できあがり!
「スイート・パンプキン」
スイート・パンプキン

とっても美味しかったです!
バターを加熱すると、なんであんなに美味しいんやろ~♪
ふたばも好きな味だったのか、
よく舌が動いていました(^^)


今年の保育も活動おさめ。
保育を受け始めて9ヶ月間、
ふたばも私も本当にたくさんの経験をさせてもらいました。

ふたばの好きなもの、たくさん見つかりました。

保育士さん達がいつも、
ふたばの気持ちをうまく汲み取ってくれ、
ふたばの反応をしっかり見て、
血眼になりながら(いやホンマに)、
ふたばのいいところや、できることをたくさん見つけてくれました。
私もそれに影響され、ふたばの反応をよく見るようになったし、
以前と比べて、よりいっそう、
1人の子どもとして、人間として、ふたばに接することができてきたように思います。


今年度、保育活動が始まった当初は、
同じクラスの子どもたちが、
笑顔を見せたり、座ったり、歩いたり、ご飯を食べたりしている姿を見て、
ふたばはこの子たちと同じように活動ができるのか、心配でした。
それに、その子たちのお母さんがふたばを見る目を
私はなかなか見ることができなかったように思います。
あの子はなんにもできないんやなぁ、大変そうやなぁ、なんて見られている気がして。

でもそんなことは全然なかった。
ふたばならではのしれっとした顔と、ユーモラスでアクロバティックな動きが
みんなの笑いを誘うこともありました。

なんにもできない大変な子、と思っていたのは私自身だったのかな。
保育活動を受けていなければ、こういうことに気づくこともできなかったかもしれません。


来年の保育活動も楽しみです(^^)


↓「障がい児育児」ブログのランキングに参加しています。
 ふたばマークをクリックして応援していただけると嬉しいです☆
 コメントも励みになります(^^)

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

Secret

こんばんは☆

今年の保育&活動終了お疲れ様でした~

保育活動とかってホントに大切よね
お家では気付かなかった些細な反応も
第三者によって見つける事が出来たり
親以外に見せる新たな顔を発見出来たりするもんね

来年のふたばちゃんの更なる飛躍
おばちゃんは楽しみにしてますよ~☆

もも母さんへ

もも母さん、こんばんは☆コメントありがとうございます。

本当ですよね、毎日一緒にいても気づかないこともあるし、
親だからシビアに見ているところもあって、
第3者からの目って大事だな~と思います。

親と離れて初めて見せる、いつもと違う一面もありますよね~。

あっ、先日はスタッフの方をもも母さんだと思い込み失礼いたしましたm(__)m
クリスマス&年末なので、大奉仕で顔出しされたのかと妄想してしまいました(笑)。
でもきっともも母さんは美人ママなんだろうなぁと思います(^^)

(今頃よんでコメントしてます💦)
先日、昼食後の後片付けで洗い場で雑巾を洗うのに順番待ちをしていました。
「通園してみたら」という先生に対して、「…うーん」って曖昧にこたえる 週一回療育を受けている子のママさんが 雑巾を洗っていました。
二人の話を聞いているうちに つい「通園したほうがいいよ」と口をはさんでしまいました💦 (めちゃ、おせっかい)
「私も通園を勧められて、うーんうーんともう一年療育にしてしまったんだけど、通園の方が、子供が成長するよ」って。 ( かなりなおせっかい💦)
「でも自信がないです」とママさん。
「自信なんていらないよ。通うのがくたびれたら、休んでドラマでもみて休憩しちゃえばいいんだよ(^O^)。あ、先生の前だった。でも、先生にいくら「通園がいいよ」と言われても、私は実感がわかなかったし、逆に、先生、そんなの うそ〜っ、都合よく言ってるだけじゃない?って疑っていたから」っていったら、「分かります。」って。
そんなことを勝手に話して、そのママがどう結論を出したかは知らないんですが、みっちさんの感想も聞かせてあげたいです(>_<)💦
先生にその後に、療育のママに先輩ママとの懇談会とか催してくれたら、心強いというか、とても参考になるのに、できないかな?ってお願いしてみたけど、週に一回しかこないそれぞれのママ達を集めるのは大変かもって。
希望者だけでもいいのにな〜って言っておいたけど、難しそうです。
みっちさんも事前に聞きたかったですか?

ちまきさんへ

ちまきさん、こんにちは☆コメントありがとうございます。

そして明けましておめでとうございます!!

素敵な年賀状ありがとうございました(^^)
乗馬だなんて、とってもいい経験ですよね!
大ちゃんかっこよかった~~v-10

週一回療育を受けている子のママさんと、園の先生とのやりとりで
ちまきさん、アドバイスされたんですね(^^)

そのママさん、迷ったり悩んだりされているのかもしれないけど、
ちまきさんのお話を聞いて、すごく参考にされていることだろうと思います。

療育をこれから受けようかと考えているママさん達が
先輩ママさんの話を聞けるような機会があったら、
とっても心強いでしょうね。
ちまきさんの提案、かなりナイスだと思います!

確かに集めるのは大変かもしれないけど、
子どもの成長とか、ママさんやそのご家族が充実した毎日を送れるというメリットを考えれば
集まる価値が充分にありそうですよね。

私は、通園の情報を集めるために、
聞ける限り通園されている方のお話を聞いたり
卒園文集を読んだりしていました。
聞いたり読んだりしたうえで、やっぱり通園をしたいと強く希望を出しました。
だからもし、園で、ちまきさんが提案されたような会があれば
どんなに忙しくても参加して聞いてみたかったと思います。
それに、通園を始めてからも、
他のママさんの通園への思いを聞くのもとってもためになっています。

きょうだいのお世話とか通院とか。お子さんの体調とかで
どうしても通園が難しいケースもあるでしょうが
やっていけるか自信がない、っていうのはきっと皆さん同じですよね。
私もそうだったし、同じクラスのママさん達もそうです。

いざ通い始めて、やっぱり無理!ってなったらまた考えればいいし
平均して週2日くらいしか来られていないママさんも実際いますしね。
ちょっとでも通園に興味があるなら、
そのママさんもぜひ通ってみてほしいなって
私も思います。