プロフィール

 みっち 

Author: みっち 
とっても小さく生まれ、重症心身障害を持つ次女・ふたばと過ごす日々を綴ります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
障害児育児ブログ ランキング

足の装具作り 1 (採寸)

いよいよ、ふたばの足の装具作りがスタートしました

今回作る装具の正式名称は、SLB(=Short Leg Brace:短下肢装具。足につける長さの短い装具)。

装具の効果は主に2つ。
「姿勢保持」と「変形防止」。

SLBを履くことで、足関節を保持し、
足に重みをかけて体重を乗せやすくして、
座位や立位を安定させることができます。
外反足ぎみなふたばの足の矯正の役目も果たしてくれそうです。

装具を製作するときには、公的な補助がおります。
補助を受けるための制度は2つあり、
1つは、身体障害者手帳。
もう1つは、健康保険(+医療証)です。

身体障害者手帳では、移動手段や姿勢保持など
「更生」(日常生活で必要なもの)を目的とします。
一方、健康保険では、「治療」(矯正や術後の保持)を目的とします。

(健康保険で作れるのは治療用の装具だけ。
座位保持装置やバギー、歩行器などは対象外)


身体障害者手帳を使って、バギーと一緒に製作するつもりでしたが、
バギー作りにまだ時間がかかりそうなので
先に、健康保険を使って装具(SLB)を作ることにしました。

健康保険を使って装具を製作するときの手順は次のようになります。

1.処方判定
  (装具診を受け、製作する装具について医師や療法士と相談する)

2.製作
  (装具が決まったら採型、採寸をして製作スタート)

3.仮合わせ・適合判定
  (装具診を受け、医師と製作途中の装具を確認。
  修正があれば手を加え、OKならその後完成・納品)

4.支払い
  (装具代金をいったん立て替え。このとき返金手続きに必要な書類を受け取る)

5.返金請求
  (健康保険の窓口に返金の申請をする。
  手続きから3ヶ月ほどで、健康保険免除額分が返金される)


健康保険で製作する場合は治療目的のため、
すぐに装具を製作することができますが、
いったん全額を立て替えることが必要です。

装具が出来上がってから医師の意見書や領収書などを揃えて、
最後に返金の手続きをするのですね~。

保険で作る場合は、
健康保険で7割、
医療証(医療助成)で3割が返金されるそうです(つまり全額が返ってくる)。

ふたばの場合は障害児医療証。ほかに乳児医療証などでもOKです。
(返金の割合については、保険の種類や医療助成によって多少の違いがあるようです)




一方、身体障害者手帳で製作すると、
装具代金の1割を自己負担します(所得によって自己負担額に上限あり)。
そして、製作より先に、役所に申請をして装具費の給付決定をしてもらわなければ、
補助がおりません。
給付決定の前に製作してしまうと、全額自己負担することになります

どういう場合に身体障害者手帳を使って装具を製作するかというと、
他にバギーや座位保持装置などをまとめて作る…というとき、
それぞれ違う制度を使うとややこしくなるので、
「じゃあまとめて手帳で作ろう!」というケースが多いみたいです。
例えば、就学前に一式を揃えるようなケースですね


立て替えが大丈夫なら、
健康保険で製作したほうが早く装具が手に入る。
しかも全額返金される。
ということで、健康保険で作ることを選択することにしました



手順の通り、
まず通園施設にて整形外科の医師の装具診を受け、
医師から義肢会社さんに指示を出してもらいました。
そして義肢会社さんと打ち合わせをして、装具作りが早速スタート。


足(ひざより下)の採寸から。
採寸

採寸が終わると、次は採型です。
足にラップを巻き巻きして、
骨の出っ張っている部分に印を入れていきます。
「これと同じものを、足に巻くよ~」
と言って、ふたばに小さく切ったラップを手渡してくれました。ふたばはしばらくラップで遊んでいました。
そのおかげか、泣いたりもぞもぞ逃げたりせずに
おとなしくしていてくれました

骨のつくり

ラップを巻いた両足に、
石膏テープを巻いていきます。包帯のようなロール状のテープに、石膏が練り込まれているそうです。
足に巻き巻き

石膏テープを巻き終わると、
お湯をテープの部分にゴシゴシつけます。
これで石膏がかたまります。

石膏を巻いていると足が温かくなるらしく
ちょっとうとうとしそうなふたばでした

しばらく石膏がかたまるまで待って…

型ができあがりました!

底10cmほどの小さい型です。

型ができました!


この型を元に装具を作ってもらうのですが、
製作の途中で仮合わせをします。
年末年始を挟むので、年明けに仮合わせの予定。
それまでに、装具の各部分の色や素材を決めます。

本体やベルトやかかと部分の色を決めるほか、
メタル部分に皮を巻くとか、シールでデコレーションすることもできます。
デザイン目的の加工は、自己負担額が発生します。

どんな装具にしようか、楽しみです(^^)


ちなみに、装具代金は16万弱に決定しました(いったん立て替えて、後から返金されます)。

装具作りについて、進み次第アップしていきますね(^^*)



↓「障がい児育児」ブログのランキングに参加しています。
 ふたばマークをクリックして応援していただけると嬉しいです☆
 コメントも励みになります(^^)

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

Secret

こんばんわ☆

ふたばちゃん専用靴、いよいよ製作なんですね♪
SLBってそんな略称だったんだ!
さすが、みっちさん物知り(ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ-

確か治療目的のやつ(靴・プレーリー・外転装具など)の1回目は保健でつくれるんですよね。
なんかいつもはじめて?って聞かれる。。

保健だと全額返ってくるしすぐ作れるからいいですよね。
他に作るものがあるときは(就学の時とか)断然手帳!
とても分かりやすくて、みっちさんナイス(*^-゚)v

どんなのが出来るのかな~私も楽しみ♪
ひとみちゃんが色とかデコとか決めたりして(´∀`*)ウフフ

naoさんへ

naoさん、こんばんは☆コメントありがとうございます。

装具や医療器具など、専門用語の名前が全然覚えられなくて、
略語とか横文字は本当の名前を知らないと頭ごっちゃごちゃになるんです(笑)。
普段も、シミュレーション?シュミレーション?とか
コミュニケーション?コミニュケーション?とか…よくわからなくなるので
スペルで覚えるようにしています(^^;

靴やプレーリーくん、外転装具などは1回目は保険を使って製作できるんですか!
プレーリーくんもいずれは作る予定なので、ちゃんと情報収集しておこうっと☆
naoさん、いつも素敵な情報をありがとうございます(^^)

ひとみは、いつも園から借りているブルーのSLBに興味津々で、
「かっこい~何度も見ちゃう~」と言ってみとれています(^^)
しかし彼女に任せると、とってもラブリーな感じになってしまい
私が求めるスポーティな感じとは離れてしまうので、
そっと見守ってもらうことにします(笑)。

来年のキッズカーニバルで、初デコができたらいいな~って
楽しみにしていますv-119

足の装具作り 1 (採寸)

短下肢装具作るんだね

愛姫さんへ

愛姫さん、こんばんは☆コメントありがとうございます。

短下肢装具を作ることにしました。はじめての装具です!
楽しみです(^^)