プロフィール

 みっち 

Author: みっち 
とっても小さく生まれ、重症心身障害を持つ次女・ふたばと過ごす日々を綴ります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
障害児育児ブログ ランキング

OT(絵本を楽しむ)

風邪をひいて喘息症状が出ていたふたばでしたが、
熱は3時間くらいで下がり、
気管のギューギューという狭窄音や、夜中のゼイゼイも3日目には治り、
いい感じで回復しています。

結局今回は、症状が出始めてすぐに受診をしました。
それも良かったのかな。


さて、ここのところ、どうやら目がだんだんと見えるようになってきたふたば。
(ふたばの最近の目の状態については、
過去記事『見ることを楽しむ』参照)

家でも、通園でも、本を読み聞かせしてきましたが
読んでいる本からすぐに目をそらして天井を見上げていたり
抱っこから逃げ出して遊びたがったりと、
イマイチ反応がなかったんです。

我が家では、ひとみが生まれてまだ0ヶ月の頃から
毎日のように、絵本の読み聞かせをしていました。
ひとみも絵本が大好きで、
3歳になって間もなく、ひらがなが読めるようになり
絵本も自分で読めるようになりました。
でも絵本の読み聞かせはずっと続けるようにしていました。
最近は、ついつい読んであげるのを忘れる日が多くなっているのですが(^^;

だけどふたばは絵本に全然関心がないように見えて
ちょっと残念だなーって思っていたんです。

ところが最近、すこーしずつではあるけれど
絵本のあるページになるといつもじっと見ていたり、
絵本のページを手でめくってみたり、
なんだか興味が出てきた様子??

ふたばが大好きな『クリスマスのベル』という、
音と光の出るベル絵本が、OTの部屋にあるんです。
先日のOTの時間、ベル絵本を差し出すと、
いつものように、鍵盤をたたいてベルの音を鳴らしたあと、
鍵盤の上についている絵本をめくり始めました。

絵本をめくる


保育活動では、活動の最後に、
クラスみんなで絵本を読む時間があります。
その時間によく使う絵本の中で、
ふたばが一番よく見ているのがこの絵本。

『のせてのせて』
松谷 みよ子
童心社

51XKVZHJVSL.jpg

トンネルのシーンがあって
真っ暗な中に、トンネルの出口だけが描かれたページがあるんですが、
その真っ暗なページを、最近ふたばはいつも、じーっと見ているんです。

そのことをOTの先生に伝えると、
「黒地に白」のものは、「白地に黒」よりもずっと見えやすいのだそうです。

そこで、OTの先生が出してきてくれたある絵本『White on Black』を
ふたばに見せてみると、やっぱりじっと見ていました。
そして絵本をめくっていました。
よく見たら、反対向きにめくっていることも多々なんですが(^^;
白と黒の絵本

写真のように、黒字に、白い大きなボタンの絵。
コントラストがはっきりしていて、なんだか惹きつけるものがある絵本です。
表紙はこれです。

white on black

同じシリーズで、白地に黒い絵が描かれた
『Black on White』という絵本もあります。

OTの時間によく使われているそうで、
やはり『White on Black』のほうが子ども達には人気があるのだそうです。


興味のある絵を見たり、絵本の手触りを確かめたり、
いろいろな楽しみ方があるので、
ふたばももっともっと絵本が楽しめるようになったらいいなと思います。




↓「障がい児育児」ブログのランキングに参加しています。
 ふたばマークをクリックして応援していただけると嬉しいです☆
 コメントも励みになります(^^)

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

Secret

こんにちはo(^∇^o)(o^∇^)o

絵本とかの読み聞かせは、ゆあ大好きです(*^□^*)でも、前はふたばちゃんのように気がどっかに向くとそっちに集中しちゃったりしていたんです(´Д`)


でも、県内の支援学校のホムペに図書活用のページがあったんで参考にしています


読み聞かせって読む私たちが一方通行な部分があるんですよね。


私は、ゆあも一緒に楽しめるように一緒に読み進めるようにしてます。


『おおきなかぶ』を読んだ時は、スマホに『うんとこしょ。どっこいしょ』のセリフを録音しておいて、そのセリフの時にゆあがタッチしてセリフを担当させたりしました。


そしたら、自分も参加してる気になったのか読み聞かせは大好きになりましたよ(*^□^*)


他の保育士さんから聞いたのは、絵本に出てくるものを触らせて、言葉と物のマッチングにつながったりするそうですよ。



うちは同じお話を3~4回繰り返してますo(^∇^o)(o^∇^)oその時1回でも楽しめますが、同じお話でもやり方変えると楽しんでくれます



みっちさんと考えていることと主旨が違ったり的外れならすみません。

OT(絵本を楽しむ)

訓練お疲れ

ゆあママさんへ

ゆあママさん、こんにちは☆コメントありがとうございます。

ゆあちゃんも絵本の読み聞かせ、大好きなんですね。
一緒に読み進めるために、セリフを録音してタッチさせたり、
絵本に出てくるものを触らせてマッチングにつなげたりする方法は
思いつきませんでした!
確かに、一方通行になりがちなので、
工夫次第で、一緒に楽しむことができそうですね(^^)


療育の保育士さんも、同じ絵本を繰り返し読むのがいいとおっしゃっていました。
大人にしてみれば、またこの本…なんて思っちゃうのですが
子どもにとっては、毎回新鮮で楽しいものなんだそうですね。


いいアドバイスをありがとうございます!
工夫して、やってみようと思います☆

愛姫さんへ

愛姫さん、こんにちは☆コメントありがとうございます。

OTの時間は、好きな遊びをしながら訓練を進めてくれるので
本人も楽しいようです(^^)