プロフィール

 みっち 

Author: みっち 
とっても小さく生まれ、重症心身障害を持つ次女・ふたばと過ごす日々を綴ります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
障害児育児ブログ ランキング

見ることを楽しむ

先日、3回目の眼科検診がありました。

はじめての眼科受診のときは、
強い乱視と遠視があること、弱視の一歩手前状態であることが検査で分かり、
近くも遠くもほとんど見えていないし、追視もしていない、と診断されました。

2歳になった頃に弱視治療用メガネを作り、
2回目の眼科検診では特に変化なしとの診断でした。

(これまでの、眼科受診の内容と、弱視治療用メガネについて
詳しくは、過去記事「弱視治療用メガネ」参照)

そして今回、3回目。
診察の前に、視能訓練士(眼科医の指示のもとに、
視力・屈折・眼圧・視野などのさまざまな眼科検査や、
矯正訓練を行う専門職)さんによる検査が行われました。
光る玩具などを使って追視をするかどうかや、
機械で眼の状態を見る検査のほか、
「テラーカード」を使って目の動きを見たりします。

テラーカード

「テラーカード」とは…
乳幼児が、無地よりも縞模様を好んで見る、という特性を活かしたもので
カードには、このような縞模様がついていて、
縞の方を見たかを観察し縞の幅をどんどん細かくすることで視力を測るそうです。
真ん中にある小さいのぞき穴は、視能訓練士さんが乳幼児の目の動きを見るためのものです。

前回・前々回の検査では、このテラーカードに
あまり興味を示さず…というかあまり見えていなかったのかな?
今回は、縞模様を目で追うような動きが多かったように思いました。
視能訓練士さんも、あとから診察してくださった眼科医も、
「だいぶピントが合ってきているみたいだね」とおっしゃっていました。
これまでに引き続き、できるだけメガネをかけて治療をしていきましょうということで診察は終わりました。

前まではメガネをかけてもすぐに自分で外して、ポイッ。としていましたが
最近、嫌がらずにかけています
そのおかげもあるのかと思いますが、
この半年ほどで追視がどんどんできるようになり、よく見えている気がするな~と、ぼんやり思っていました。

そして先日のOTの時間。
自分のメガネを手で上に下にとずらしては、元に戻しているふたばを見て
「メガネを動かしたら見え方が変わるのがわかって、面白がっているみたいね。
最近、とにかく「見ること」を楽しんでいるみたいに見える。
玩具も最近よく見えていると思う」
とOTの先生がおっしゃって、やっぱりそうですか~!と嬉しくなっちゃいました。
療法士さんが言ってくれたことで、やっぱりふたばの目は見えてきているということを確信しました。

玩具を見る
先生がびよーんと伸ばしてくれたレインボースプリングに釘付け。
しかし自分では触ろうとせず(笑)。

前回の療育講座で『手元を見て遊ぶ』というテーマを勉強しましたが
動く物(その子に合わせて追視のできるスピードで動かす)を見たり、
白と黒などコントラストのはっきりした見やすい絵本を見せたりして
目の機能の発達を促してあげる遊びが良いとOTの先生もおっしゃっていました。

視力が発達するのは8~9歳頃までで、
脳が発達する期間に、ピントを合わせて鮮明に物を見ることが、
視力を育てるために大切なのだそうです。

ふたばの体にも脳にも、いろんな不自由があるけれど
少しでも、自由になれるものがあるのなら、自由に快適にしてあげたい。
毎日を楽しいものにしてあげたいな~と思います。


↓「障がい児育児」ブログのランキングに参加しています。
 ふたばマークをクリックして応援していただけると嬉しいです☆
 コメントも励みになります(^^)

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

わー&かーママさんへ

わー&かーママさん、こんにちは☆コメントありがとうございます。

重複していなかったですよ~
エラーになってしまったようで、手間をかけさせてしまってごめんなさい。
再送信ありがとうございます!

諦めることを知らず知らずしてしまうって、よくわかります。
私もそうですよ。でも、ふと、ふたばの成長とか、意欲を感じるときがあって
それが嬉しくて、あ~諦めたらあかんな、この子はもっともっと動きたいし楽しみたいんやな~って
思わされています。

元気をもらえるなんて言っていただいてこの上なく嬉しいです!
的外れなことも多々だと思いますが(笑)、これからもキャッチできるようにしていきたいです(^^)

また、連絡させてもらいますね(^^)
とってもお忙しい中、ありがとうごさいました(^^*

見ることを楽しむ

眼科検診お疲れ

愛姫さんへ

愛姫さん、こんにちは☆コメントありがとうございます。

眼科は、大きな病院で診てもらうので、待ち時間がとっても長いです(^^;
でも寝てしまわずに頑張ってくれました。

追視がどんどん出来ると体の動きもよくなるし、メガネで遊ぶふたばちゃん、楽しいだろうなー。訓練士さんの検査もしっかり受けれてるんですね。みらいは、いっつも眠い時間で暴れてます。うちは毎回トリクロ飲んで眼圧を測るので眼科医に「たまには起きてる時に会いたいね〜」と言われてます(笑)

前回の記事、ひとみちゃんの言葉に感動です。想いを伝えてくれるって嬉しいですね。子どもの言葉に学ぶことが多々あります。どんな気持ちを持ってもしっかり受け止めてあげたいなと思いました。

あ、ちょうど今、みっちさんからコメントが届きました♪

こんばんは☆

ふたばちゃん、みえることを楽しんでるんですね~♪
すごいすごい‼
手元を見て遊ぶ、うちは永遠の目標になりそうです(^_^;
咲太は両面とも右半盲ですが、左側は見えてるようで、成長するにつれて濁りもなくなっているんですが、何せ脳の壊死が広範囲なので処理がだいぶ遅いようで。。
目はよくてもどこまで見えてるかはわかりませんが、追視があることもあるので見えてるのは見えてるようです。。
下を見ることが苦手で座って遊ぶと上やら全くの検討違いを見てます(笑)
しっかり見て遊べるようになると、自分から触ろうとできるんじゃなないかなぁと思ってます。
お互い頑張りましょう☆

励み

こんばんわ。

ふたばちゃんの目の進化、すごいですね。
ウチの次男は只今10ヵ月。
追視なしで、親の私は恥ずかしながら諦めかけていたのですが、つい先日眼科受診した際に「まだ諦めるには早い、もっと脳の状態が悪い子が追視をしたりする」と医師に言われ、また、今回のふたばちゃんのブログを読んで「私が諦めたらダメ」だと思わされました。
可能性は無限大ですよね。
がんばろ~。

あかみらさんへ

あかみらさん、こんにちは☆コメントありがとうございます。

昨日はお互い同じタイミングでコメントを送信していたようですね(^^)

みらいちゃん、トリクロで眠った状態で眼圧を測っているんですね。
検査は時間がかかるし、眠った状態の方が測りやすいのかなぁ?
はじめて診察を受けた時、何度か点眼して眼圧を測りましたが
時間がかかるので途中で昼寝の時間が来てしまい、
無理矢理起こした記憶があります(^^;
検査と検査の合間の時間つぶしに、院内のファミマで過ごしていました(笑)。

そうなんですよね、子どもの言葉には学ぶこと、気づかされることが多いですね。
相談会でもお話があったように、どんな気持ちもつぶすことのないようにしてあげたいですよね。
あかみらさんの長女ちゃんの言葉も、胸を打つこのがあります。
大事にしてあげたいですよね(^^*

ちゃぱるさんへ

ちゃぱるさん、こんにちは☆コメントありがとうございます。

そっかそっか、咲太くん、右半盲なんですね。
でも左側は見えていて、濁りも少なくなっているんですね。
ものを見るって、本当に奥が深いですよね。
目で見たものを脳で認識して処理する、その間にたくさんのプロセスがあって。

でも咲太くん、ちゃぱるさんのことを目で追って、笑ったりもするんですよね!
それって、ものすごいことだなぁと思います。

そうそう!ふたばも、下を見ることが苦手です。
咲太くんもそうなんですね~。
上はどれだけでも見ようとするし、そのせいで上転して白眼になってしまうんだけど(^^;
下を見るには顎を引く力も要るし、首の筋肉も使いますもんね。

見ることと体を動かすことはつながっていますもんね。
お互い頑張りましょう!いつもありがとうございます(^^*

りとゆさんへ

りとゆさん、こんにちは☆コメントありがとうございます。

次男くん、10ヶ月で追視をしないんですね。

わが子のことは、知らず知らずのうちに諦めてしまったり、
厳しい見かたをしがちだな~って私も思います。
どこかで、期待し過ぎて後でがっかりするのを
避けているためなのかもしれません。

でも、本当に子どもの可能性は無限大ですよね。
たとえ、大人が期待する通りにはならなくても
その子なりのペースで、ゆっくり成長発達してくれること、たくさんあると思います。

私も、最初診察を受けたとき、
メガネで治療するなんて、随分気の長い話だな~ってびっくりしたんです。
でもその気の長さが必要なのかもしれないです。

お互い、頑張りましょうね(^^*