プロフィール

 みっち 

Author: みっち 
とっても小さく生まれ、重症心身障害を持つ次女・ふたばと過ごす日々を綴ります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
障害児育児ブログ ランキング

福祉機器のイベントへ 1(バギーの試乗)

日曜日、「キッズカーニバル」という、福祉機器の展示会イベントに参加してきました!
装具やバギーの相談でお世話になっている義肢の会社が
ショールームで年に一度開いているイベントです。

先月、給付券でオムツを購入した時に
案内が同封されていて知りました。
P1100831.jpg

その案内を見つけてひとみがとっても行きたがっていたので
家族みんなで行ってきました!

しかしこの日、夫は仕事。
昼の3時間ほど仕事を抜けてくれ、一緒に参加しました。

ショールームは、バギーや車椅子の子どもたちとその家族でとても賑わっていました。
ハロウィンの飾りがたくさんで、BGMも子ども向けの楽しい音楽ばかりでした♪
夫がショールームにいられる時間は1時間だけだったので、
着いてまず、バギーの試乗コーナーへ。
ふたばの通う通園施設には、義肢さんが週に2日来てくれていて
バギーの相談も進めていたので、試乗したい機種は決まっていました。

まずは大本命の「RV pocket Ⅱ」(きさく工房)。
乗っているお子さん、多いですよね。
コンパクトで、体にフィットします。
荷物台やテーブル、肘かけなどのオプションが豊富なのも魅力。
(オプション品には、公費で負担してくれるものと、自己負担しなければいけないものがあります)

試乗したときは、何する気??と逃げようとしていましたが、
お腹のベルトをきちんととめると、乗った感じ、しっくりきていました。
バギー試乗

ふたばは体が小さいので、このSサイズでもまだ少し大きかったです。
カラーは、まだ迷い中ですが、このブルー、なかなかきれいで惹かれます。
男の子っぽいかな?

バギー試乗2
ひとみも初めて、バギーを押してみました。
ハンドルの高さが調整できるので、ひとみでも前を見ながら押すことができます。

次に、見た目が好みで、「RV pocket Ⅱ」よりも軽量なのが
「BUDDY Lite Ⅱ」(テクノグリーン)。
バギー試乗3
サイズはSがなくて、Mから。
Mサイズは大き過ぎて、ふたばにとっては座面の奥行が深すぎました。
足も、足載せ台に届かないので、クッションをたくさん詰めて乗らないといけなくなりそう。

うん、やっぱりRV pocket Ⅱに決まりだね!
家族そろって決めることができて良かったです。


次に、ゆくゆくは必要になりそうな、シャワーチェアも試乗しました。
「アクアピット」(きさく工房)。
シャワーチェア
これはMサイズなので、ぶっかぶかです。
あぐらもかけちゃった。何かの修行みたい?
シャワーチェアは、私が住む地域では、3歳以上で条件を満たしていれば
「日常生活用具」として市からの補助が出るので、
その制度を使って購入しようと思っています。
これから体が大きくなってきて、お風呂に入れづらくなってきたら、購入しようと思っています。


ふたばが試乗したのはバギーとシャワーチェアくらいで、
あと細かいオプション品の相談などは、通園施設でじっくり進めていきたいと思います。

この時点で、夫の滞在時間が残り15分に…
急いでお昼ご飯を食べに、この日だけ特別開放されている社員食堂へ。
夫は食事を済ませると、一目散に仕事場へ戻っていきました


午後からは、ひとみが楽しみにしていたゲームやマジックショーのコーナーへ。
マジックショーは子ども達と家族で大盛り上がりでした!
これは、ふうせんずもう。
ふうせんずもう

床に送風機が置いてあり、天井に向かって風が吹いているのですが
そこに、自分の選んだ色の風船を置き、
最後まで床に落ちなかった風船の勝ち、というゲームです。
ひとみは、バギーに乗った小学生くらいの男の子と、スタッフさんと対戦!
結果はひとみが優勝!
その後、ふたばとスタッフさんが対戦して、ふたばの勝ち~!
 
ワゴンカーでの移動販売で来ているクレープを食べたり、
(ひとみがふたばに味見させると、生クリームを握りしめて大変なことになった)
抽選会で景品をもらったり、
会場のある市のゆるキャラと遊べたり、
バギーをデコレーションできるコーナーがあったりと、
子どもたちはもちろん、一緒に来ている家族も楽しめるイベントでした。

ゆるキャラ・ダイトンくん。
ダイトンくん

たとえバギーや装具の相談をしなくても、
イベントの雰囲気だけでも充分楽しめそうです。
車椅子やバギーに乗っている子どもたち、
さらに医療機器を乗せていたり、チューブで生命を維持している子どもたちが
こんなにたくさんいて、みんな頑張っているんだなぁ。
そして、家族と一緒に、生活のためのグッズを調べたり選んだりして
より便利で楽しい生活をみんなで作りたくて、ここに来ているんだなぁ。って
会場のあちこちで、感じました。
ひとみも「バギーに乗った男の子と対戦したで!」って言っていました。
こういう風景が、いろんな街の中でも、自然に見られる世の中になるといいなと思います。

そうそう、我が家が愛用しているチャイルドトレーラーも、
今回、出展されていました!
我が家のトレーラーとは別のメーカーのものですが、
同じように、自転車につないで牽引することができ、
自転車から外せば、バギーとして使うことができます。
これらは1人乗りのトレーラー。
chariotトレーラー

お話を聞いてみると、
「トレーラーの、これまでとは違った使い方をしたい」と考えていたところに
義肢の会社の方とのご縁があり、
「健常な子どもだけでなく、バギーに乗っている子にも使ってもらいたい」
という思いを持って、今回出展されたそうです。
今のところ、福祉用の補助が降りたりすることはないみたいですが…
これは広まるかもしれないですね(^^)

さて、イベントのことをつらつらと書いてきましたが
実は、このイベントのメインとなる出来事が!!
長くなってきたので、もう1つの記事に書きたいと思います。


↓「障がい児育児」ブログのランキングに参加しています。
 ふたばマークをクリックして応援していただけると嬉しいです☆
 コメントも励みになります(^^)

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

Secret