プロフィール

 みっち 

Author: みっち 
とっても小さく生まれ、重症心身障害を持つ次女・ふたばと過ごす日々を綴ります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
障害児育児ブログ ランキング

専門職の方たちとの関係

最近、通園のお母さんたちと話していて、ふと気づいたことがありました。

それは、ふたばに関わってくれる専門職の方たちに、
私はとても満足しているなぁ、ということです

主治医をはじめとする、かかりつけ病院の医師や看護師さん。
療育園や通園施設でお世話になっている医師、看護師さん、各療法士さん、保育士さん。
訪問看護師さん。
ショートステイ利用をしている病院の医師、看護師さん。
役所の福祉課の職員さんや保健師さん。
たくさんの専門職の方に関わってもらっていますが、
どの方にも不満を持ったことがありません。

ふたばにも私にも丁寧に関わってもらっていて、
とても恵まれていると思います。

それと、私はふたばに関わってくれる方に、言いたいことを言っています。

なぜ?と思ったら小さいことでも質問するし、
わからなければ「しつこくてごめんなさい!」と何度も聞く。
お願いしたいことは、なるべく管理者の立場の方に
「○○してもらえたらすごーく助かるんですが、やってもらえますか!?」
と言ってみる。

だから不満を持つようなことがないんです。

そして「こうやって関わってもらって、すごく感謝している」ということを
直接言うなり、アンケートや手紙なりで伝えることもしています。

逆に、この人じゃないとダメ、っていうような事もないし、
合うとか合わないとか考えたこともあまりない。


ごく最近では、こんな要望を伝えました。

通園施設で、
ふたばに言葉をかけることなく、抱き上げて移動したり、降ろしたりされることが、
ごくたまーにですが、あったんです。

私としては、小さいことでも
「ここに座るよ~」
「降りるよ~」
と言葉をかけるし、関わってもらう方にも、できれば声をかけてもらいたいんです。
もちろん、そばにいて、次に何をするかわかっている時には、
私も声かけをするんですが。

コミュニケーションは確かに取りづらい子だけど、
次に何をされるかわからないまま、大人に身をまかせるしかない、物言えぬ子どもなんだし。
(ふたばは嫌な時にはちゃんと逃げ出そうとするけど)
それに、1つ1つの動作に言葉を添えることで、
動作と言葉がふたばの中で結び付いて、理解につながると思っているので
大切なことだと思うんです。

通園施設で管理職の立場の方と話す機会があったついでに
そのことを伝えたのが、2ヶ月ほど前。
それ以来、同じようなことは一切なくなりました(^^)

その場その場で、質問したり、要望を伝えたり、相談したりすることで、
不満を持つこともないし、
専門職の方たちとの関係で悩むこともありません。


通園のお母さんたちがよく言っているのは、
「こういうことがすごく不満で悩んでる。
でもこの子のために色々してもらっているのに文句は言えない」


要望は要望であって文句ではないし、
文句と捉えられるかどうかは、言い方次第じゃないかな。
黙って飲み込んで不満を持つことは、
お互いに良くないことなんじゃないのかな。
だから私なら言うよー。
そんな話をします。


私はどっちかと言うと内気で(ホンマかいな?(笑))
人見知りとかはないけど、金銭的な交渉とか苦手だし、
会社勤めしていた頃は、上司に強く言ったりできず、
ストレスを抱えるタイプでした

でも子どもを持って、特にふたばが生まれてから、
少し変わったな。と感じます。
図太くなったってことかな



最後に、オマケ。
最近のふたばの遊び。おそろしや。

コピー ~ デールで遊んでる1



↓「障がい児育児」ブログのランキングに参加しています。
 ふたばマークをクリックして応援していただけると嬉しいです☆
 コメントも励みになります(^^)

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

Secret

「言う」「言わない」「言えない」
このさじ加減、じぶん勇気の具合で随分と変わってきます。
通園して以来本当に難しさを感じています。
「言う」というより、「伝わる」ということが難しいのかな。(⌒-⌒; )

想いを伝える。
相手をおもんばかり、気を使いすぎ、やんわり伝えているお母さんの意見は通らず、かなりの批判口調でがんがん言うお母さんの要望はすぐに改善されていたり。

カツオ風味の娘に 私がこうしてほしいという想いが伝わらないのにも、なにか原因があるんでしょうね〜(>_<)
私がして欲しいと思っていることは、娘にしたらしたくないことだし、娘がやることは、「やっちゃイカン」ってことや「今はこまる」ってことが多いのです。
「わかってもらいたい」欲求が強いんですよね、私も娘も。学園のママさんも。💦

なんだかiPadもって無人島に行きたい気分です。
病んでますね〜💦 ナイフと浄水器のほうが、持ち物としては健全ですね
みっちさんのブログを読んでは哲学ちっくになってしまう今日この頃。
秋ですね。

こんばんは☆

みっちさんの人柄でしょうね~(*^^*)
あと言い方が上手なのかなぁと妄想しました・・・←こわいですね(笑)

私もどっちかと言うと不満はないほうですが、市役所の職員さんは、ある方以外はあんまり暖かくないのでなるべく行きたくないんですが、これから付き合いが長いのでニコニコはしてます(笑)

周りの理解や協力なしではなかなか難しかったりしますからね~
人に恵まれるってのはありがたいですね(*^^*)

ちまきさんへ

ちまきさん、こんにちは☆

さじ加減が勇気の具合で変わってくるっていうこと、そうだな~と思いました。
そうなんですよね、いろいろ考えてしまって気を使いすぎたら伝わらない…
かと言って批判口調でガンガン…は意見は通るかもしれないけど、
そんな風にはなかなか言えないものですね(^^;
そのあたりのさじ加減が難しいですね。

カツオ風味の乙女な長女ちゃんに、伝わらないって感じるんですね。
わかってもらいたい欲求かぁ…
わかってもらうためには、こちらがわかってあげないといけない部分もあると思うので
親子でも、友人でも、時間がかかっちゃいますよね。わかり合うためには…

無人島!いいですね~。
ナイフや浄水器よりiPadが優先されちゃうんですね(笑)。
あ、私はiPadもなければ、スマホも持っていないアナログ人間です。
無人島に行けたら何をしようかな?
な~~んにもしない時間をあえて作りたいような気もします(^^)
ほんと、秋ですね(^^)

ちゃぱるさんへ

ちゃぱるさん、こんにちは☆コメントありがとうございます。

私と言うよりふたばの人柄(?)なんだと思います。
医療・福祉・教育など、
いろんな方面の方たちに「チームふたば」を組んでもらっているようなものなので…(^^)

役所の職員さんもいろんな人がいますもんね。
ちゃぱるさんの書いておられた、付き合いの長くなりそうな方にニコニコ、は
とっても大事なことだと思います!!

子どもに気持ち良く関わってもらうためにも
いい関係を築いておきたいですよね。

追記

私のiPadは 通信機能がないんでした。
きっと無人島に着いた途端に「使えない」と気がついて、iPadでヤシの実を割っていることでしょう。(T . T)
上の子を産んでから本や映画や見れなくなって、3日前にiPadで見れることに気がつきました。(≧∇≦)一年経っていまごろ気がついたんです。💦
夜中にちょっぴり青春気分です。
秋の夜更かしです。

ちまきさんへ

ちまきさん、こんにちは☆コメントありがとうございます。

通信機能のないiPadなんですね。
ヤシの実というところで笑ってしまいました(笑)。
ほんとですね、本や映画、楽しむことができそうですね(^^)

持っていても意外と使いこなせていないもの、ありますよね~
私は、自宅のブルーレイを全く使いこなせてません(^^;
TVの録画も、ビデオテープの頃はしっかり録画していたのに
今では、全くです(笑)。

秋の夜長、楽しみたいですね~。でも最近とても眠気が強くって
早めに寝入ってしまいます。