プロフィール

 みっち 

Author: みっち 
とっても小さく生まれ、重症心身障害を持つ次女・ふたばと過ごす日々を綴ります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
障害児育児ブログ ランキング

『ぽっかぽか』

今回は、子育てしている人にオススメの漫画を紹介します

『ぽっかぽか』
深見 じゅん 著
集英社 YOU漫画文庫

ぽっかぽか


夫婦と、幼稚園に通う娘の、3人家族の物語。
娘「あすか」は、お父さんのことを「ちち」
お母さんのことを「はは」と呼びます。
おおらかでお気楽な「はは」、そして優しい「ちち」。


まずは1つ目。「ちち」が、あすかに言った言葉を紹介。
ある雪の日、あすかは、「雪女」のような女性に声をかけられます。
その後、あすかは「ちち」にたずねます。
「ゆきおんなさん、わるいひと?」
「ちち」は答えます。
「世の中に淋しい人はいても、悪い人はいない。ちちは絶対そう思う」
 (5巻 第32話 「ないしょ」)

   (確かドラマではこんなセリフでした。
    「世の中には、2通りの人がいる。いい人と、淋しい人だ。
     淋しい人はいても、悪い人はいない」)





2つ目の名言。
「はは」をふくむ近所の母親たちが集まり、食事の話題になったとき。
その中の1人「坂田さん」の子ども時代のエピソードが語られます。

坂田さんが子どもの頃、両親が仕事で忙しく、
毎日コロッケを買って1人で食べていました。
ある日友達の家で初めて夕食をごちそうになり、
その暖かさとにぎやかさに驚き、
家に帰って母親にその話をした坂田さんは、泣いてしまいます。
次の日から、夕食時には母親が作ってくれたお弁当と、お手紙が待っていました。
1人の食卓は暖かくなりました。

坂田さんが言います。
「子どもはね、ごはんを食べる時
愛情も一緒に食べるのよ。思い出も一緒に食べるのよ。」
 (8巻 第53話 「おもいでごはん」)

子どもの頃に食べて、とってもおいしかった記憶があり、
同じものを大人になって食べてみたら、そこまで感動がなかったという話をよく耳にします。
それは、もしかしたら、楽しい思い出、いっぱいの愛情と一緒に食べた味の記憶なのかもしれません。

何気ない今日の食事が、子どもにとって、心に残る思い出のご飯になるかもしれない。
食事の時間ってやっぱり大切だなと思うのでした。




最後に、「はは」の名言。
今はおおらかで明るく子育てを楽しんでいる「はは」、名前は麻美。
独身時代の麻美は、厚化粧で、ブランド物で身を固めていました。
ある日、独身時代の友達が麻美の家に遊びに来るのですが、
昔とはまったく変わった麻美に、
「がっかりしたわ」「みじめな生活してんのね」と友達が言います。
友達を送る途中の公園で、麻美はぶらんこに乗りながら、話します。

「子どもの頃はめちゃくちゃ高~くこげなかった?
高く高くこいでも怖くなかった。
子どもと遊んでると、その頃の気分を思い出すのよ。
学校帰りの草の匂い。日だまりの石の匂い。
風の色。空の色。
あの頃の母親の気持ちが分かる。
今、手をつないでる子どもの気持ちも分かる。
なんかそういうものでいっぱいになってしまって、
自分が美しく見えるかどうかなんて、どうでも良くなったの」
 (8巻 第49話 「魔法のぶらんこ」)



子育てって、大変なこともいっぱい。
自分の思うようにならずにイライラすること数知れず。
自分の時間が欲しい…なんて思う日もある。
でも、子育てって、幸せなんだなぁ。と、この作品を読んでいると、実感します。


この作品は90年代にドラマ化され、その後何回か再放送もされていました。
ドラマでは、「ちち」「はは」と呼ぶあすか役の子が、とても可愛かったです。



私がこの作品を知ったのは、
大学時代、ある友達に
「『ぽっかぽか』に出てくる“はは”に似てる!」
と言われたのがきっかけでした。
するともう1人の友達が
「いやいや、七瀬なつみには似てないやろ」とつっこむと
「七瀬なつみに似てるんじゃなくて、“はは”みたい、ってこと!」
「それは似てるな!」
その時は『ぽっかぽか』も知らず、七瀬なつみさんも知らなかった私は、???状態でした。


そんなことをすっかり忘れていたんですが
何年か後に、たまたま再放送で観たとき、「あ~これかぁ!」と。
七瀬なつみさんが可愛くて、確かに似てない~残念(笑)!と思ったのと、
平凡であったかい家族の物語に、感動しました。

自分が親になってから、漫画でこの作品を読んでみると
「はは」と「ちち」がどれだけあったかくて素敵なのか、
平凡に見えた家庭が、どれほど幸せなものなのか、よくわかります。
親になった私は、残念ながら「はは」麻美のようにあったかいお母さんではないけれど
麻美のように、子どもの世界を大切にする母親でいたいと思います。


↓「障がい児育児」ブログのランキングに参加しています。
 ふたばマークをクリックして応援していただけると嬉しいです☆
 コメントも励みになります(^^)

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

Secret

なりたいです。
今まさに娘との生活が、勝つか負けるかになってしまっています。
いつからでしょうか。(T . T)
磯野カツオ風味の夢みる乙女。
おおらかな母親になりたいです。
死ぬこと以外はかすり傷、と
なんくるないさ〜と
てけとーな母親を目指してはいるのですが…(⌒-⌒; )

ちまきさんへ

ちまきさん、こんにちは☆コメントありがとうございます。

「磯野カツオ風味の夢みる乙女」なかなかユニークですね(笑)。
勝つか負けるか…やっぱり同性だからこその関係なんでしょうかね?
ちまきさんの長女ちゃんがどんな女の子なのか、知ってみたいです。
長女ちゃんと大ちゃんとは仲が良いのかな?

おおらかな母親、なりたいですよね。
包容力があるというか。大きな母になりたいもんです。