プロフィール

 みっち 

Author: みっち 
とっても小さく生まれ、重症心身障害を持つ次女・ふたばと過ごす日々を綴ります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
障害児育児ブログ ランキング

北海道旅行4日目(五稜郭・飛行機)

北海道旅行…と言っても、寝台特急カシオペアに乗ることが目的で、
観光は函館だけに絞り、のんびり回った旅行でした。


最終日、おいしい朝食をいただいてから、
荷物をまとめてチェックアウト…した直後に
どしゃぶりの雨

ペンションでしばらく雨宿りさせてもらいました。

雨が小降りになったところで、
函館五稜郭へと、市電(路面電車)に乗って向かいました。

タワーの展望台から見た、五稜郭のきれいな星形
五稜郭

タワーにあった展示で知ったのですが
五稜郭(星形の城郭)って、世界各地にあるそうです。
日本国内では2つあり、
1つは、この函館に築かれ、
もう1つは長野県佐久市の龍岡城(たつおかじょう)に築かれたそうです。
現在は、龍岡城跡に小学校が建っていて、敷地内に五稜郭が残されているようです。


五稜郭の近くにある、
函館ラーメンのお店「あじさい」でお昼ご飯。
ここも人気のお店で、階段に行列がズラリ!
…ん?階段??
店員さんに確認すると、ラーメンは2階席だけで提供、
1階席ではカフェメニューのみの提供とのことでした。
リサーチ不足でした

トレーラーで2階には上がれない…諦めるか~。
と、お店を出ようとしたら、
「1階でラーメンを提供させていただきます。奥の席へどうぞ」
と案内してくれました。なんて親切…!
用意してもらえるラーメンの種類に限りがありましたが、
函館名物の塩ラーメンさえあれば満足です。
とってもおいしい塩ラーメンでした。

旅行中、おいしいものを食べると必ず
「ふたばにも食べさせよう」と言うひとみ。
生もの以外は、たくさん味見しましたが、
この「あじさい」の塩ラーメンのスープ、
一番喜んで味わっているように見えました。
なんせ、れんげを口から離したら泣きましたから…(笑)。
やっぱり、塩系の味が好きなようです。
函館ラーメン


いよいよ函館観光を終え、
函館空港にバスで向かいました。
ひとみもふたばも初めての飛行機。ドキドキです。

空港には早めに着きました。
ショッピングをしている間、
ひとみは積み木で遊ぶ広場でいろんな形のタワーを作って遊んでいました。

今回利用した航空会社はANA。
座席は、搭乗の3週間ほど前に
「予約・案内センター」
という連絡先に電話して予約を取りました。
もちろんWeb予約もできますが、
ふたばの座席の相談などもしたかったので、
電話で相談した上で予約することにしました。

3人並びの座席と、通路を挟んで隣り合う座席を1つ、
確保してもらいました。

座席を予約した上で、
ふたばの座席のことと、チャイルドトレーラーについては
「おからだの不自由な方の相談デスク」という連絡先を案内してもらい、
電話で相談しました。

確認してわかったのは、次のようなことです。

・チャイルドトレーラーは機内に持ち込みできないので、
 折り畳んで、手荷物預りの扱いになる(ベビーカーやバギーも同じ)

・トレーラーを預ける時には、ANAのスタッフが梱包(エアキャップ:プチプチのあれです)してくれる

・入口(飛行機の扉の前)までトレーラーに乗せるのはOK。扉の前で折り畳む
 (到着後は、また扉の前で受けとる)

・機内では、ふたばをANA専用の車椅子に乗せ、座席の隣まで行くこともできる

・座席ではふたばを抱っこして乗る、
または、上体固定用補助具(アシストシート)に乗せる


ということで、トレーラーは預けて、
ふたばの座席にアシストシートを取り付けてもらうことにしました。
ふたばは体が小さいので、
アシストシートに加え、
隙間を埋めるための枕と毛布も2つずつ用意してもらうことにしました。
(アシストシートも枕も、事前の予約が必要です)

アシストシートは、小型と大型の2種類あります。
小型は、体重2.3kg~18kgまで。身長は48cm~101cmまで。
大型は、体重9kg~29.5kgまで。身長は150cmまで。
 (→詳しくは、ANAのページ「上体固定用補助具について」を参照)
体重9kg、身長80cmのふたばは、小型を予約しました。
肩からお尻までの長さを測って伝えておき、
肩ベルトの長さを調整してもらいます。

それから、医療機器を使用する場合は、事前に伝えておいた方が良いようだったので、
吸引機とバッテリーのそれぞれのメーカーと型番を伝えておきました。
ANAのサイトに、
「医療機器を持ち込む場合は医師の診断書が必要な場合がある」と書いてあり、
その文言の横には、電動吸引機パワースマイルの画像が貼ってあったので!
ANAのサイトより

電動吸引機を持ち込む場合は、医師の診断書は必要なく、
バッテリー使用も問題ないですが、
シートベルト着用サインが点灯している間は使用不可とのことでした。
ちなみに、酸素濃縮器や人工呼吸器を使用する場合は
医師の診断書が必要となるようです(ANAの場合)。


最後に、運賃のことですが、
飛行機は、ANAの場合、3歳から運賃が必要になります。
(3歳~11歳が小児運賃適用で、大人普通運賃の半額)

ひとみとふたばは小児運賃。
私は、「身体障がい者介護割引」(身障介護割)が適用になりました。
身体障がい者(第1種)と同一便に搭乗する介護者が、1人まで割引になるというもので、
大人普通運賃の、約36%割引になりました。
(ふたば本人も身障割引が使えるのですが
小児運賃にした方が安いので、小児運賃が適用になりました)。


ここまでが事前連絡での話です。

搭乗当日は、
発券カウンターにて、
トレーラーを預けることと、
アシストシートを予約していることを伝えました。

トレーラーは、飛行機の扉の前で、夫が折り畳みました。
何人かのスタッフが介助してくれました。

そしてこれが補助具「アシストシート」です!
じゃーーん
ANAアシストシート1

乗せるとこんな感じ。
アシストシートに乗せた直後

深く腰掛けることができるシートです。
肩ベルトをお腹の前で留めます。
隙間を枕で埋めました。毛布は結局使いませんでした。
この時、ふたばは寝ていたので、おとなしい姿です。


1時間もしないうちに起きて、
足であちこち確認していました。
アシストシートその後

ふたばは嚥下が全くと言っていいほどできないので、
飛行機で耳が痛くなったりしないか心配でしたが
ずっと機嫌よく乗っていました。

乗り物はやっぱり大好きなんだね。


ひとみは、絵本を読んだりテレビを見たり、
サービスのスープを楽しんだりしていました。

乗っていたのは1時間40分。
吸引は何回か必要でしたが、
ほとんど揺れなかったし、
アシストシートや、スタッフの方の心遣いのおかげで、
快適な空の旅でした


子ども達はこんなプレゼントまでもらいました
ANAからのプレゼント

富士山のラトル(裏側には「世界遺産」と書いてました)、
ピカチュウのフィギュア、キャンディ。


今回紹介したのはANAですが
航空会社によってサービスも違うし、
子どもの乗せ方も違うと思います。

ふたばの場合はアシストシートを使いましたが、
先輩ママさんは抱っこで乗せたと言っていました。
その子にとって、乗りやすく安全な姿勢を確保するのが
飛行機での旅で一番大事なことかなぁと思います。


無事、関西空港に到着。
飛行機が天候の乱れで遅れていたこともあって、
自宅には22時半頃に帰ってきました。
無事に、旅が終わりました。



ふたばを連れての旅行って、事前準備も含めて、
まるでミッションやわと思っています(笑)。
あらゆることをシミュレーションして、
いろいろな人の手を借りて、
ケア用品に必要なものなど
絶対に忘れたり抜けたりがないように、何度も指差し確認して。

でも…やっぱりとっても楽しい!

ふたばが生まれた時には、長く病院で過ごしていた頃には、
北海道に一緒に行けるなんて夢にも思っていませんでした。
近くのスーパーにすら一緒に行くのは難しいと思っていたし…
実際それくらいしんどい状態の子でした。


旅行している間にもきっと、子ども達は成長しています

旅行を通して、ひとみもふたばも、
一段とたくましくなったような気がしています
(もれなく、私もたくましくなっていることでしょう


これで北海道(函館限定)旅行の記事を終えます。

読んでくださった方ありがとうございました(^^)


↓「障がい児育児」ブログのランキングに参加しています。
 旅行の記事が少しでも参考になりましたら 
 ふたばマークをクリックしていただけると嬉しいです☆
 コメントも励みになります(^^)

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

コメント

Secret

すごい!

もう、なんかみっちさん、めちゃくちゃすごいし羨ましいし眩しいです!
頑張れば北海道いけるんだな。
というか、ハンデのある子だからこその旅行ができるんだと希望を持つことができました。

私もいつかあんちゃんと北海道行きたいです。
私魚介だーいすきなんです〜♪( ´▽`)

しかし、荷物すごいだろうな〜(^_^;)
先日姉一家のところに一泊しただけですごい荷物でしたから(笑)

みっちさんご家族の旅行の行き先が北海道だとわかった時、「やったぁー」と興奮してしまいました(笑)
旅行記読むのも楽しかったです。トレーラーも活躍したんですね!いい思い出がまだ1つ増えましたね。

今年は天気にはあまり恵まれないお盆休みですが、家族揃ってのお休みはいいですねー。昨年はみらい絶不調の夏だったのですが、今年は絶好調で、それだけで毎日楽しいです。

列車と飛行機の旅、とても参考になりました。我が家の初旅行はいつになるかわからないけど、色々妄想が止まらないです。

こんばんわ(*^-^*)

すっかり、一緒に北海道に行った気になっちゃいました。
ラーメン屋さんの配慮、すごくうれしいですね。
心もお腹も、あったかい気持ちになる。
飛行機のことも詳しく書かれてて、すごく参考になりました!
前に東京に行くのに、飛行機にしようかと考えてたとき
JRLとANAの比較してて・・・
ANAの方が、アシストシートが大きいサイズがあるって知って
いつかトライしたいなぁ~って思ってはいたものの
実際の乗り心地とか、分からなかったので助かりました☆
って、そのいつか!はいつになるやらですが(^^ゞ
行きは地上、帰りは空と2倍の楽しさ満載の旅行でしたね!
夢の北海道~♪いつか行ってみたいなぁ~

はくじゅさんへ

はくじゅさん、こんにちは☆コメントありがとうございます。

希望を持つことができたなんて、嬉しいです。
ふたばが今のあんちゃんくらいの頃は、
短時間でも外に出るなんてことすら無理だったし
想像もできなかったです。
でも確実に体力がついていくし
たくましくなっていくもんだなーと感じてます。

はくじゅさん、魚介類大好きなんですね♪
関西にいるとなかなか食べられないものもありますよね。

お姉さんのお家に一泊したこと、
すごいな~!やったね、あんちゃん!って思いながら記事を読ませてもらいました。
荷物、とくに医療物品が多くて大変ですが、
物によっては、旅行用に簡易なものに替えるようなことが
できたら便利ですよね。

次は湖か海に挑戦したいと思います!

あかみらさんへ

あかみらさん、こんにちは☆コメントありがとうございます。

やったぁーと思っていただけたことが嬉しいです(笑)。
我が家は車に乗らないので、トレーラーは大活躍でした。

昨年の夏は、みらいちゃん絶不調だったんですか。
でも今年の夏は絶好調だなんて(^^)
ほんとそれだけですごく嬉しいですよね。

飛行機のことを調べるまでは、
1人で座れないしずっと抱っこだと暴れるし、無理そう~と
尻込みしていました。
でも、サポートがあればけっこう行けるものだと思いました。

あかみらさん、いよいよ来週末ですね(^^)
楽しみにしています☆

naoさんへ

naoさん、こんにちは☆コメントありがとうございます。

私も、naoさんの旅行記を読みながら、
海に行った気分を味わってしまいました(笑)。

ラーメン屋さんの心遣い、本当に温かかったです。
函館の人たちは気さくで、温かい人が多かったように思います。

そうそう、書き忘れましたが、ANAは大きいサイズのアシストシートもあるんですよね。
(後ほど、追記しておこう…)
今回利用したアシストシートは、深く腰掛けるタイプで、
その姿勢が大丈夫なら、ベルトもしっかりしていたし安全に座れると思います。

いつか沖縄にも行ってみたいな~~!
次は、湖か、naoさん一家のように海に旅行したいなと思います!

北海道旅行の記事、全て楽しく読ませていただきました♪

ドキドキの飛行機も、ふたばちゃんには余裕のようで安心しました~!先生も耳抜きのこと心配してましたから・・・。
足でチェックするなんて器用ですね!!
飛行機にも電車や新幹線にもしっかりバリアフリーの配慮がされてて、いつか挑戦したい気持ちになりました☆

今まで電車に乗るのさえ勇気のいることだったので(吸引の音、周りの目、電車とホームの隙間に落ちないかw)みっちさんの勇気ある旅行の記事を読んで、自分の悩みがちっぽけに思えてきました♪

ふたばちゃん、塩ラーメンが好きだなんて~グルメなんですね!
嫌な気持ちでも、表情や感情であらわしてくれると嬉しいですね☆

旅行の疲れは出ていませんか?体調崩されませんように・・・

こんにちは

 すごい、すごい!

 北海道旅行という一大プロジェクト?を遂行したことに、とにかく感動しましたe-446

 あんさんが、長距離やら飛行機やらに乗る姿は今はまだ想像できないけれど、みっちさんの記事を読んでいると、いつかはあんさんも連れて行ってあげたいなぁと思う気持ちが強くなりました。

 みっちさんが最後のほうに書かれている、大変なミッションだけれど、とっても楽しい!という一言に、ものすごく勇気づけられましたe-267

 とても参考になったし、なんだか楽しい目標ができたような気がします。いつもいつも、希望をありがとう!ふたばちゃん、みっちさん。

 あんさんも、いつか連れて行くぞ~!!(笑)

 

miさんへ

miさん、こんにちは☆コメントありがとうございます。

そうそう、耳のこと、先生にも話していたんですが、
大丈夫でした(^^)

交通機関のバリアフリーは、想像以上に整っているな~という印象を受けましたよ。
高齢の方の車椅子をメインに考えられたものなんだとは思いますが…。

たしかに最初は勇気が要りますよね。
慣れたらなんてことなくなる、っていうことも多いと思います☆


そうなんですよね、嫌なことをちゃんと表現できることって大事だし、嬉しいことですよね。

我が家はみんな旅行疲れもなく、元気に過ごしています。ありがとうございます~♪

こんにちわ

旅行日記、楽しく読ませて頂きました。
とっても参考になりました!!

3泊4日の旅行、かなり充実していましたね。
私自身、旅行となると無計画で行き当たりばったりなので、反省です。

また、飛行機に搭乗する際の内容も参考になりました。
こんな方法があったなんて!

ふたばちゃん、ひとみちゃん、みっちさん、ご主人とそれぞれが旅行で色々な体験をしたんでしょうね!

ゆっくり休んで、これからも通園等頑張って下さい!

ゆずぽんさんへ

ゆずぽんさん、こんにちは☆コメントありがとうございます。

希望だなんて言ってもらえて、嬉しいです。

私も、ふたばが1歳の頃には、まだまだ体も弱かったし、旅行なんて考えられませんでした。
あれも難しいだろう、無理だろうと思っていた時期も長かったです。
でも成長していくものですね。

旅行だけが素晴らしいことだとは思いませんが、
家族みんなで楽しい時間を共有できることは、
かけがえのないことだと思います。

あんさんも、生きる力がとても強いから、
これからたくさんたくさん、楽しい経験を積み重ねていけるだろうな(^^)
私もあんさんの成長が楽しみです。

ドミンゲスさんへ

ドミンゲスさん、こんにちは☆コメントありがとうございます。

参考になったと言っていただけて嬉しいです!

私ももともと無計画なタイプなんです。
むしろ、な~んにも調べずに行って、
「あっ、こんなのがあったんや~!」とびっくりするのも好きで(笑)。

でもふたばと暮らしていると、下調べして安心してから行動するようになりました。

飛行機の乗り方、私も驚いたしほっとしました。
バリアフリー体制も、スタッフの心遣いもありがたく、
かなり気に入りましたよ、ANA☆
いつかJALも利用してみたいです。

旅行とお盆で、長い夏休みでした。
明日からまた通園、頑張ります!温かいお言葉をありがとうございます(^^)