プロフィール

 みっち 

Author: みっち 
とっても小さく生まれ、重症心身障害を持つ次女・ふたばと過ごす日々を綴ります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
障害児育児ブログ ランキング

保育園の卒園式

久しぶりの更新です。
何かと多忙な毎日で、なかなかパソコンに向き合う時間がないうえ
長年使っているパソコンの不調も重なり…

少しずつ、順を追って記事を書いていけたらと思っています。


3月下旬。
保育園を卒園しました
花


年長の1年間、週3日だけの登園でしたが、
本当にいろんな経験をさせてもらいました。

一泊保育・プール・運動会・参観・クリスマス会・発表会・遠足3回、
それから他の保育園や小学校との交流・高齢者デイサービスとの交流など、
たくさんの行事に参加できました。
どうすればふたばが参加できるか、いつも先生方が時間をかけて考え工夫してくれたおかげです。


登園すると、「ふたばちゃん!」と毎回5~6人のお友達が駆け寄ってくれて、
好きな玩具を持たせてくれたり上靴を履かせてくれたりしました。
いろんな友達が来てくれるから、クラスのお友達34人のお名前をみんな覚えました。
みんなびっくりするぐらい優しくて優しくて


1年前、初めて保育園に行った日、
ふたばを見て一瞬、戸惑っていたクラスの子どもたち。
先生や看護師さんが、ふたばのことをみんなに説明してくれると、
すぐに仲良くしてくれて驚きました。

お友達の女の子が
「今日からふたばちゃんは私たちの仲間やで。もう決まってん」
と私に言いに来てくれました。
またある日には
「ふたばちゃんは病気やからかわいそうや。でも可愛いから大好き」
と言ってくれました。
その女の子は毎日のようにふたばのそばにいてくれたお友達の一人です。

「ふたばちゃんと一緒の学校に行きたかった」と言ってくれた男の子も、
いつもそばにいてくれたお友達の一人。
いつも着替えや靴を運んでお手伝いしてくれてありがとう。
卒園式が終わった後も駆け寄ってくれて一緒に写真を撮りました。
友達

卒園アルバムにはふたばを抱っこしてくれている写真があってびっくり
アルバム


ふたばは本当に人が好きになり、自分から寄って行って手を握るようになりました。
生まれてからずっと人に興味がない様子だったのに、
この1年ですっかり変わりました。想像もしなかった変化です。

運動面でも、自分からむっくり起き上がるのも速くなり、最近はつかまり立ちも張り切ってます。


ふたばが保育園に入る前、
私は小さい子どものまっすぐな視線や質問が怖いと感じることがありました。
死んでるの?なんで怖い顔なの?変な赤ちゃんやね、と声をかけてくる子どもの視線が苦手でした。
ふたばはいじめられるんじゃないか…とかなり心配していました。

でもたくさんのお友達が受け入れてくれ一緒に過ごしてる姿を見て、
心配も吹っ飛んだし、
知らない子どもたちの視線もずいぶん平気になりました。
クラスのお友達はふたばにもいい影響を与えてくれたけど、
同じくらい私にも大きな存在になってくれました。


そんな保育園の生活が終わってしまい、
優しいお友達と離れてしまうのが淋しくて、卒園式はやっぱり泣いてしまいました

卒園式の後、在園児(年中さん)の子どもたちが花道を作ってくれて、
そこを通るときに3人くらいの年中さんが
「ふたばちゃんおめでとう!」
と花を渡してくれて、涙があふれました。


卒園式の後は茶話会。おいしいランチをいただき、
先生たちの出し物があったり、子どもたちが自分の名前の由来を発表したり、
保育園生活のスライドを見たりと、楽しい時間が過ごせました
茶話会でも感動してまた涙


本人のペースに合わせてじっくり関わってもらうなら療育が良いと思うし、
預かってもらうことが目的ならデイサービスが便利。

だけど地域の同世代の子ども達の中でワイワイ過ごし、
集団生活を経験できる保育園を選んで良かった。
幸せでした。

小学校でもお友達ができますように…


 「障がい児育児」ブログのランキングに参加しています。
 ふたばマークをクリックして応援していただけると更新の励みになります。
 コメントもとっても嬉しいです(^^)
 ↓現在のランキングや、頑張る仲間たちのブログも集まっています。
 

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

保育園の発表会

2月、保育園の生活発表会がありました。

さすが年長組は出番が多くて、
英語の歌・手話・合唱・合奏・ピアニカ奏・劇・よさこい…
7つも演目がありました。

ふたばも全演目に参加させてもらいました。

はじめの、英語の歌では、センター前列に出てきてびっくり!
合唱

今まで、通園施設の発表会では、ふたばの定位置はいつも端っこだったんです。
舞台袖に吸引機を置いておき、必要なときにいつでもひっこめるように。
それが当たり前でした。
だけど今回はど真ん中にお友達と一緒に出てきて…
それだけでもう胸がいっぱいに

舞台ということがふたばにも分かるのか、
いつも座位保持椅子に座ると足を組んだりしてしまうのに
ちゃんとお行儀よく座っていてびっくり!(笑)

合奏では、ふたばが自分で慣らすことのできそうな、ツリーチャイム。
先生がついてくれていましたが、けっこう自分でバチを持って鳴らしていたそうです!
合奏

めちゃ真剣な顔してました(笑)。

そして、劇「白雪姫」。
7人のこびと役。
座位保持椅子を、お友達に押してもらって登場!

劇1


劇2

お友達から宝物を受け取るという役割をもらっていました。
何回も帽子が脱げてしまって、お友達がかぶせてくれていました。
宝物はしっかり受け取っていました
劇3


ラストは園の伝統演技よさこい。
子ども達の動きや舞台での移動が激しく、ふたばをどう参加させるか、先生方はかなり悩んでくださっていました。
私は客席で見学でもいい、見ることもふたばにとっては大事なことなので、と伝えていましたが
みんなと一緒に出られるように、位置や移動を工夫してくれて、参加させてくれました!
その気持ちが本当に嬉しかった…

ふたばは真剣な顔で取り組んでいました。
鳴子も自分で鳴らしていました。
よさこい

よさこい2

体の小さいふたば用に、特別も衣装も作ってくださったそうです。
みんなと一緒に参加することで、臨場感もビシビシ味わえたと思うし、
本当にいい経験をさせてもらいました。

発表会は近くの小学校の講堂だったので、いつもと違う場所での準備ということもあり、
舞台裏では着替えに吸引に水分補給にと、きっと先生方も看護師さんもとても大変だっただろうと思います。

周りのお友達もふたばのことをたくさん助けてくれて、
通園施設の担当の先生も保育園に訪問して、参加のしかたを一緒に考えてくれたりもして、
たくさんの支えがあって出られた発表会でした。

感謝しかありません

元気に参加できて本当に良かった!

発表会のあと、クラスのお友達のママさんが何人か
「ふたばちゃんよく頑張ったね!全部出てたや~ん!」
と声をかけてくれました


一緒に観に行っていた夫も長女ひとみも、
「いい発表会やったなぁ~」と感動していました。


1年間だけの保育園生活。
どの行事も、最初で最後。
卒園まであと少し。
楽しい思い出、たくさん作ろうね



 「障がい児育児」ブログのランキングに参加しています。
 ふたばマークをクリックして応援していただけると更新の励みになります。
 コメントもとっても嬉しいです(^^)
 ↓現在のランキングや、頑張る仲間たちのブログも集まっています。
 

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村

秋の遠足

気がつけばもう11月も最終日。
ブログがなかなか更新できない日々ですが、大事な記録は残しておかないと!
ということで、10月中旬に行った秋の遠足のことを書いておきます。

秋の遠足で、年長クラスは栗拾いに行きました!
その日、園の看護師さんが同行できないということで
私が付き添いで参加させてもらいました。

ふたばの大好きなバスに乗って。
シートベルトをして自分で座ります。
しゅっぱーつ
s9ELeejY4x703NO1512016860_1512016919.png

ふたばは、お友達の歌声をBGMに、車窓を楽しんでいました。

バスで1時間半ほどで到着。
着いてからはすぐに山を散策し、みんなで歩きながら秋を見つけました。

そしてすぐにお弁当タイム!
みんなでシートを広げてワイワイ。
ふたばもバギーに乗ったまま注入しました。

そして午後からは本題の栗拾い。
みんな軍手をしてひたすら栗を拾います。
拾った栗を見せてくれる優しいお友達に囲まれていました。
EOABpy9T7qlKjnG1512016984_1512017059.png

大きな栗!!
AmkzMWsHEJZiraG1512017081_1512017133.png

ふたばもバギーから降りて、教えてもらったやり方で、イガを踏んで栗を拾いました。
Fd3poCOpYExEIy01512017158_1512017166.jpg

バギーから降りるとたくさんのお友達が集まってきてくれて、
順番に抱っこをしてくれます。みんな力持ち!!!

みんなで集合写真を撮ったり、けもの道みたいなところを探検したり。
山のアップダウン、バギーが大変な道もあったけれど、
先生方も手伝ってくださり、無事にみんなと一緒に楽しむことができました。

帰りのバスではみんなウトウト。
乗り物大好きなふたばは、移動中は絶対に寝ません(笑)。
朝から夕方まで昼寝もせずに楽しみ、
保育園に帰ってくるなりウトウトしていたふたばでした。

いただいた栗~~
jTtEuKWWN_lkRHM1512017186_1512017195.jpg

数日後、栗ご飯にして美味しくいただきました!

普段の送り迎えの時だけではあまり関わらなかったお友達ともたくさん関われて、
付き添いも大事な機会だなぁと思った一日でした


 「障がい児育児」ブログのランキングに参加しています。
 ふたばマークをクリックして応援していただけると更新の励みになります。
 コメントもとっても嬉しいです(^^)
 ↓現在のランキングや、頑張る仲間たちのブログも集まっています。
 

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村

保育園の運動会

10月の初め、ふたばの通う保育園の運動会が
晴天の下、開催されました!

運動会

9月は入院続きでなかなか練習もできないままでしたが、
退院してすぐの予行練習には参加できたので、その日の様子で、
水分補給や休憩のタイミングなどを先生方と決めておいての参加になりました。


開会式は、バギーで入場。
年長クラスのみんなと並んで入場してくるのを見て、すでに感動してしまった私でした
開会式

ふたばはクラスのみんなと一緒に園児席で待機。
適宜、看護師さんが吸引をしてくれたり水分補給をしてくれたりしていました。
園児席の裏で毛布で隠してオムツ替えもしてくださっていました。
私は家族席で観覧することができました。
とてもありがたかったです
少しそわそわしてしまいましたが(笑)。


パラバルーンの演技や親子競技は、抱っこで出場。
演技


年長クラスのリレーは、
第一走者のところまで介助で歩いて行って、輪っかのバトンを渡す、という役割をもらっていました。
介助歩行は、暑さでちょっとグダグダでしたが
リレー1

先生と一緒に、お友達にバトンを渡しました。
リレー2

早い時間に乳児クラスのプログラムは終わり、
後半は幼児クラスや卒園児、PTAの競技で盛り上がりました。
ひとみは卒園児ではありませんが、小学生なら誰でも参加できるとのことで
障害物競走に参加しました。


そしてプログラム最後は、年少・年中・年長クラス合同の、マーチング!!
バギーで参加させてもらいました。
体操服から制服に着替え、ベレー帽をかぶります。
マーチング

本物の太鼓は重くて、体の小さいふたばに固定することも難しいとのことで、
手作りの軽い太鼓を用意してださり、バギーに固定までしてくださいました。
一見、紙でできた太鼓だなんて気づかないほど。
それに、バチで叩くとちゃんと素敵な音が鳴るのです!
先生に手伝ってもらって、バチを張り切って持っていました。
いつもバギーですぐに足を組んだり上げたりしてしまうのに
きれいに座ることができていました。

マーチング2



マーチングが終わると閉会式。
配られたプレゼントを誰よりも早くのぞきこむふたば(笑)。

閉会式

金メダルももらって嬉しそう!!
メダル


最初で最後の保育園の運動会。

運動能力が高く、集団としての完成度も求められる年長クラスの子ども達の中で
ふたばを一緒に参加させることは、難しい面がたくさんあったに違いありません。
何ヶ月も前から下準備をし、工夫をしてくださった先生方には感謝でいっぱいです。
通園施設の先生もたくさんアイディアを出してくださって本当にありがたかったです。

元気に参加できて本当に良かった!!!


 「障がい児育児」ブログのランキングに参加しています。
 ふたばマークをクリックして応援していただけると更新の励みになります。
 コメントもとっても嬉しいです(^^)
 ↓現在のランキングや、頑張る仲間たちのブログも集まっています。
 

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村

保育園から救急搬送(3ヶ月前のこと…)

9月に入りずいぶん過ごしやすくなりました。

実はふたば、今週一週間、はじめての肺炎で入院していました。
もう退院して元気にしていますが。
この入院についてはまた後日、気が向いたら(笑)アップします。

今回の入院で久しぶりに、ふたばが生まれた病院を受診したのですが
前回受診したときのことをそういえばブログにアップしていなかったな、と気づき
3ヶ月も前のことですが、書いておこうと思います。


今年6月初旬、
ふたばの胃ろう手術入院直前の出来事でした。

ふたばを保育園に送った後、Instagramで知り合ったお友達親子とランチに行きました。
初対面だけどいろんな話をして、
私も友達もわが子を地域コミュニティの中で育てていきたい気持ちが強い共通点があって、
盛り上がりました

2時間くらい話して、最後に一緒に写真撮りたいな~~と思ってスマホを取り出したら、
10分くらい前に保育園からの着信が7件、夫からの着信が2件…
しまった、スマホはいつでも見えるようにしておかないと!と反省しました。

すぐに保育園に電話をすると、
「お昼の注入後、呼吸状態がおかしいように見え、看護師の判断で救急搬送させてもらいました。
サーチは98、120で顔色も良いのですが」

(搬送先は、入園前の家庭訪問のときに、訪問診療の医師と相談したうえで、
ふたばが生まれた病院にしましょうとあらかじめ決めておいたのです)

普段、呼吸状態がおかしくなったようなことはなく、
救急車を呼んだこともなかったので、何が起こったのか、頭は真っ白。

すぐにお店を出て病院に向かいました。

かなりドキドキして救急外来に着き、
付き添ってくれていた園の看護師さんと加配の先生から状況を聞きました。
ふたばは救急診察室の中にいるとのことでした。

おかしい呼吸と言われていたときの様子を動画に撮ってくれていて、それを見たら…

ん?
この動きは…

もしかしてしゃっくり??


救急の看護師さんに呼ばれて部屋に入ると、
いつものように元気に、医師の聴診器で遊んでいるふたばの姿が

バイタル、レントゲン、採血、どれも問題ないとの報告。

ふたばのしゃっくり、ダイナミックで、分泌物も急増するんです。
多分…しゃっくりで肩呼吸に見えたのと、
分泌物が増えてカニューレが一時的に詰まったりしたのかも?
と、結論付けました。私が(笑)。

しゃっくりについては、サポートブックにも書いてなかったからな~~

病院から園までタクシーで帰ったのですが、
車が大好きでキョロキョロ落ち着かないふたばでした(笑)。
救急搬送2

人に預けるといろんなことがあるなぁと思った1日でした。

しゃっくりに限らず、ふたば独特の動きなど、他人にはわかりづらいようなことって、たくさんたくさんあって、
預かる方も判断がとても難しいだろうなと思います。
でもそんな中で逞しく育っていってほしいなと思いました

慎重に大事をとって搬送してくれた園の対応も、
園に戻ったとき職員室で、園長や主任の先生がみんなでふたばを囲んで状況の共有をしてくれたことも、
本当にありがたかったです

「呼吸状態がおかしいように見えた」ということは、
普段からよくふたばの呼吸状態を観察してくれているということだから…


それにしても、すっごく心配している時に元気そうなわが子を見た時の安堵感って、ハンパないですね


 「障がい児育児」ブログのランキングに参加しています。
 ふたばマークをクリックして応援していただけると更新の励みになります。
 コメントもとっても嬉しいです(^^)
 ↓現在のランキングや、頑張る仲間たちのブログも集まっています。
 

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村