プロフィール

 みっち 

Author: みっち 
とっても小さく生まれ、重症心身障害を持つ次女・ふたばと過ごす日々を綴ります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
障害児育児ブログ ランキング

保育園生活がスタートしています

入園式の1週間後から、ふたばの保育園生活がスタートしています。

初登園


登園初日は慣らし保育で2時間だけ。私も付き添いました。
前日に、クラスの子どもたちにふたばの紹介をしてくれていたそうで、
バギーで年長クラスの教室前まで行くと、
たくさんの子どもたちが
「ふたばちゃん来た~~~!!!!」
と大騒ぎしていました!びっくり!!
担任の先生と加配の先生に続き、廊下にわらわらと子どもたちが出てきてくれて
はじめましてのご挨拶。

なかなか目を合わさないふたばのことを
「ちょっと目がコワイな!」って言っている子もいましたが
加配の先生がふたばを介助で歩かせて教室に入る頃には
見た目にも慣れてくれたのか、親しんでくれるようになりました。

教室の一角に、プレイマットを敷いたスペースが設けられていました。
ふたばのために新調してくれたそうです!
入園式の前に家庭訪問に来てくださった先生方が
ふたばが座ったり寝転んだり寝返ったりする様子を見て
畳スペースだと痛いかも、と判断してくださったようでした。
着替えたり、自由にゴロゴロ転がったりする時のためのスペースで、
子どもたちも一緒にそのスペースで遊べるよう、広めにマットを敷いてくれていました。


他にも、オムツ替えを乳児クラスの教室で行うかも、と言われていましたが
トイレに囲いのあるベッドを置いて、そこで替えられるようにしてくださったようです。


登園して、たくさんの教材や荷物を整理させてもらい、
ふたばは体操服に着替えさせてもらいました。
20分くらい経った頃から、外部講師の先生による年長クラスの習字(硬筆)の授業が始まりました。
(とても教育熱心な園です)
子どもたちは鉛筆を正しく持つ練習をしながら、
プリントの線や模様を正しい姿勢で書いていきます。
加配の先生といろいろ相談しながら、
みんなと同じように机に向かって座位保持椅子に座り、
ふたばなりの課題に取り組ませてもらうことにしました。

ふたばは鉛筆を持たせると、新しく作った座位保持椅子のテーブルに書きなぐり、
ピカピカだったテーブルは真っ黒(笑)。
プリントにも書き始め、飽きてしまうと、鉛筆を置いたプリントを両手で持ち
左右に動かして鉛筆が落ちないようにバランスゲームを1人で楽しんでいました(笑)。

途中で好きな玩具で遊んだり、疲れてきたらプレイマットでゴロンと休憩したり
かなりマイペースにのびのびと過ごさせてもらいました。

習字の講師の先生とも相談して、
その日みんなが取り組む課題をまず加配の先生と一緒にやってみる。
興味を持てそうならそのまま取り組み、
難しそうなら、自由に遊んで過ごす、という方向で進めていくことになりました。

習字の授業が約1時間、終わった後は30分くらい自由遊びの時間です。
自由遊びの前に、担任の先生が私の所に来てくれ、
「今からみんなに、改めてふたばちゃんの紹介をしようと思いますが
何か知っていて欲しいことはありますか?」
と聞いてくださったので、
「お話するときは近くでお話して欲しいということと、
体が動きにくいということ。
それからニコニコ笑うことが難しいけど、
みんなと遊べて心の中では楽しいと思っているということ、
そのあたりを言ってもらえたら嬉しいです」
と答えました。

加配の先生がふたばをみんなの前に抱っこして連れて行ってくれて
担任の先生はみんなにわかりやすく話してくれました。
子どもたちは一生懸命聞いていました。

その光景を見ているとなぜか涙が出そうに…

看護師さんからもみんなに注意することを話してくれました。

「ふたばちゃんのどこにチューブがついているかな?
そう、お鼻についているね。
このチューブでご飯を食べたり、お水を飲んだりします。
とっても大事なものだから、引っ張らないようにしてね。
それから、ふたばちゃんは、喉のところに穴があいています。
みんな、喉はどこかな?触ってみて。
そこに、穴があいていて、息をするのを助けています。
穴にフタ(人工鼻のこと)がついているんだけど、
このフタが外れて落っこちてしまったら、先生に知らせてね」

さすがです!

先生からのお話の後は、「ふたばちゃんのところに行きたい人~?」と先生が挙手させ
その中で6人だけを選び、プレイマットに上がってきてくれました。
みんな優しい!
玩具を渡してくれたり、絵本(「赤い靴」とかだったりちょっと高度、(笑))を見せてくれたり。

そんなこんなであっという間に2時間が経過。
この間、吸引は2回必要でした。

ふたばが帰る準備で着替えていると、
「もう帰るん?明日は給食のときもいる?」
などと言ってくれる子どもたち。
「ふたばちゃんバイバーイ!」
とこれまた賑やかに見送ってくれました。


登園2日目はもう、私の付き添いはなしで、
同じく2時間を過ごしました。

ふたばは慣れてきたのか、プレイマットで起き上がって座って
みんなに拍手をしてもらったり、
園庭に出て歩かせてもらったりしていたようでした
園庭に出るとき、バギーに座らせようとすると全身で怒って拒否したので
抱っこで連れて行ってくれたとか…

加配の先生、とっても楽しくて話しやすい方で、
担当してもらえて嬉しいです☆
ふたばもすっかりなついている様子でした。
「抱っこはあんまりお好きじゃないみたいですね~~(笑)!」
と加配の先生がおっしゃっていて、すでにふたばは本領発揮している様子です

来週は、お昼の注入時に私がやってみて、それ以降は看護師さんに注入してもらう流れです。

保育園生活、順調な滑り出しです




 「障がい児育児」ブログのランキングに参加しています。
 ふたばマークをクリックして応援していただけると更新の励みになります。
 コメントもとっても嬉しいです(^^)
 ↓現在のランキングや、頑張る仲間たちのブログも集まっています。
 

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント

Secret

保育園生活がスタートしています

保育園生活頑張ってね

新生活始まったね!
いいお友達沢山出来そうでよかった(o'∀'人)

ちー姉さんへ

ちー姉さん、こんにちは☆
コメントありがとうございます。

少しずつ慣れて楽しんでほしいです!

白玉ありすさんへ

白玉ありすさん、こんにちは☆
コメントありがとう!

クラスのお友達が可愛くて優しくてほっとしたよ!
少しずつ慣れて楽しめたらいいな~~♪